土曜の夜はケータイ短歌

<卒業>短歌 紹介されました(土曜の夜はケータイ短歌~最終回)

さて、大変遅くなり恐縮ではありますが。レギュラー番組となってから三年を経た土曜の夜はケータイ短歌が去る3月29日に最終回を迎えました。最終回のテーマは<卒業>

といっても、夜はぷちぷちケータイ短歌にリニュアルして同趣旨の番組は続くんですけどね!今度の番組は、ホームページを見た印象からして短歌初心者とともに成長していこう♪という感じがしますねー。

でもやっぱり、魚喃キリコさん、ふかわりょうさん、東野翠れんさんらをMCとする「土曜の夜はケータイ短歌」の方が、サブカル好きの自分としてはやっぱり好きだったな……とくにふかわりょうのヤツは番組レギュラー化に情熱を傾けていやがったみたいなので(りょうの思いがこもりにこもってひきこもりになっちゃいそうなブログへのリンクはコチラ)、今回の卒業は淋しいね……(なぜか上から目線)……自分も淋しいです。

東野翆れんさんには、

解放の時を伝えるチャイムこそ待ち望んでた僕の音楽 (岡本雅哉)

の歌を採りあげてもらったことが嬉しかったことを覚えています。

ゲスト出演されていた歌人の方は続投されるのでもしかしたらピンポイントで投稿するかもしれませんが、現在のところはてこなさん同様に投稿は見送る可能性が高いです(なぜかタメ目線(笑)。とはいえ、彼女は多くをなし終えてのステップアップ、また愛する家族のための決断ですが)。

さて、前フリが長くなりましたが、最終回投稿したのは以下の5首(1首は再投稿)でした。そのうち☆の歌が<朗読「卒業」>のコーナーで放送されました。

<卒業>
エンドレス・レインがやむのを待つうちに忘れた君のエックス・ネーム (岡本雅哉)

さようなら たった五文字が悲しくて でも晴れやかで とても愛しい

なつかしい母校に自然と足が向くように僕らはまた歌を詠む

人生をひと足先に卒業の祖父に花束の卒業証書☆

付け句<卒業>
上の句  今度こそ売るつもりだったこのマンガ 
下の句  いつになっても 卒業できず
↓改め
上の句  今度こそ売るはずだったこのマンガ
下の句  いつになっても 卒業できず


今回はどの歌もキモチを込めて詠めたので、それだけで。


というわけで、土曜の夜はケータイ短歌は卒業となりましたが、短歌の道においてはまだまだ新入生(トッチャンボーヤ?)です。卒業できそうにありません。

というわけで、これからもよろしくお願いいたします。まずはかとちえさんの宿題を……ム、ムズイ……


土曜の夜はケータイ短歌に投稿していました。これからは夜はぷちぷちケータイ短歌だよ。


| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

<こえる>&<自由テーマ>短歌投稿しました(土曜の夜はケータイ短歌)

ちょっと題詠blog2008の投稿歌はおやすみいたしまして。

とうとう3月29日(何をかくそうわたしの誕生日です。プレゼントをくださるかたはコチラまで)をもって番組終了となってしまいます土曜の夜はケータイ短歌です。3月のテーマ<こえる>、3月15日のみの<自由テーマ>に投稿しました。

結果、3月8日3月15日ともに選外となりました。2月につづき惨敗です……とくに3月15日は穂村弘氏が選者のおひとりだったのでちょっとワクワクしてたんですがスカりました(笑)

でも人生、負け勝ち!柳本ショウちゃんも言っているのでぜんぜんオッケーです。次は勝ちます!

さて、投稿したのは以下の歌です。


<こえる>短歌

親子ネコ難なく渡る交差点ぼくはひとりで超えられるかな

雨あがり水たまりには青い空飛びこすぼくらほら雲の上

3月15日<自由テーマ>短歌

おはようとおやすみのあいだライオンで寝たら子ウサギ襲っていいよ


今回はあまり語らずに済ませたい気持ちですね。
あ、今思えばなんですが、おはよう~の歌はちょっとNHKに投稿するのは不適切だったかな……

さて3月29日(何をかくそうわたしの誕生日です。プレゼントをくださるかたはコチラまで:クドいよ)に有終の美を飾るべく、がんばっていきまっしょい(田中麗奈キレイになったよな)!


土曜の夜はケータイ短歌に投稿しています

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

<くらべる>短歌 投稿しました(土曜の夜はケータイ短歌)

さて、またまた前回の記事から時を経てしまいましたが。
以下の歌を、土曜の夜はケータイ短歌に投稿しました。

2月のテーマは<くらべる>だったのですが、結局選外でおわってしまいました。
また、2月2日の企画<物語の一行目>短歌も選外でした。


<くらべる>短歌

海と空、青さに優劣付け難く入道雲の白に逃げ込む

「セール品、それとも国産?」迷う時、軽い財布が導く

2月2日<物語の一行目>短歌

なぜだろう壊れるときはいつだってとてもきれいなスローモーション


自分的には、“なぜだろう~”の歌はいづれ何らかの機会で生かすことができるのではないかと思っております(なんとなくお気に入りなのです)。その際には何卒よろしくお願いいたします。


土曜の夜はケータイ短歌に投稿しています

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

<恋の駆引き>短歌 紹介されました(土曜の夜はケータイ短歌)

年をまたいでしまいましたが。昨年の暮れに以下の歌を、土曜の夜はケータイ短歌に投稿しました。

5首を投稿しましたが、そのうち☆の歌だけが<企画「恋のかけひき短歌」>として朗読していただけました。

<恋のかけひき>短歌

計算が打算になって、もう散々!ご破算になる。もう沢山だ(岡本雅哉)

妥協しろ妥協しろっていうけどさ素直にいえよ「わたしにして」と☆

<飾る>短歌

「飾らない笑顔が好き」とダンナから言われる程度に飾っています(岡本雅哉)

バースデーケーキの上に忘れずにキャンドル立てる 1本減らし

<座右の銘>短歌

「ま、いっか」でなんでも済ます僕たちも何がいいかはよくわからない(岡本雅哉)


これにて平成19年は詠い納めでした。

というのもあろうことに、敬愛する笹公人師範の笹短歌ドットコムの昨年ラストのお題(湯・風呂・温泉)
短歌に投稿しそびれるという失態を犯してしまったのです。昨年も仕事でばたばたになってやらかしてしまったんですよね……進歩しねぇ自分。ちなみに準備できたのは以下の1首のみ。


万馬券外し傷心旅行にて結果湯当たりしかも有馬で


そうして年をあけてみると、笹短歌ドットコムに閉鎖の危機が迫っていたなんて!!
でも、ひとまず継続するとのことで、まずは安心……しないで新年初のお題はきっちり10首詠めよな自分。

そしておめでとうございます。
2月には笹短歌ドットコムの単行本『笹公人の念力短歌トレーニング』(扶桑社)、3月には第三歌集
『抒情の奇妙な冒険』(早川書房)、そのほか秀康さんとのコンビでつくった絵本や、イラストレーターの和田誠さんとの「連句」の本も発刊準備中とのことで。予約開始したらブログでも紹介しますので、皆さんぜひご購入ください。別にうちからのリンクでなくてもよいので(笑)


土曜の夜はケータイ短歌に投稿しています


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

<影>短歌 投稿しました(土曜の夜はケータイ短歌)

以下の歌を、土曜の夜はケータイ短歌に投稿しました。11月の通しテーマは<影>でした。

というわけで、以前の記事に載せた以外にも1首投稿したのですが、選外の結果となりました。

その理由はおそらく、暗いから!
投稿したのは以下の歌です。


未練とか結構あるんでうらめしく草葉の影から応援します (岡本雅哉)


ね!暗いでしょう?でも何のひねりもないでしょう?
もっとなんとかならなかったものか……と思ってしまわざるをえないんですよ。
次回がんばります。

さて、気を取り直して。
12月のテーマは<飾る>です。12月8日には笹公人師範がご出演なさるみたいなので、恩返しの投稿に励みたいと思います。この日の特別企画は<座右の銘>短歌とのことです。うわっ……むずかしそう。というか、いくつも投稿できなさそう……座右の銘って一人ひとつですよね。それとも、ショートソングの克夫のように、複数視点から詠んでクリアするか……
それから、12月9日は富山にて公開収録があるそうで<恋のかけひき>短歌の企画がある模様です。実は先日僕は仕事で富山に行ってきたんですよね……役得で半ば食いだおれツアーの様相を呈していましたが……解禁間もないずわい蟹を堪能してきてしまいましたよ!バルサミコ酢のソースがけ、そして焼ガニと……妻にこと細かくお話してあげたら、心底恨めしそうな顔をしておりましたよ(笑)。新しく買った切れ味のよい包丁、隠しておかなくちゃ!

一時は不信感から投稿から遠のいていたケータイ短歌ですが、最近は割り切って腕試しと思っております。
とにかく、年末にかけていろいろ盛り上がってきてますね。ベストを尽くしていこう。


土曜の夜はケータイ短歌に投稿しています


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

<影>短歌 紹介されました(土曜の夜はケータイ短歌)

以下の歌を、土曜の夜はケータイ短歌に投稿しました。11月の通しテーマは<影>です。それから11月10日は狂い咲きジジイ(笑)ルー大柴さんをゲストに向かえ、「ルー語でトゥギャザー」という企画が開催されました。これは、ルー語で短歌を詠んでみよう!という恐ろしい発想で、五七五のリズムにルー語のクドさがあいまったとき、あややとのコラボ以上の輝きを放つ!という無謀な好企画です。

今回は以下の2首を投稿しましたが、☆の歌が~魚喃キリコさんがその他に選んだ短歌(番組で紹介できなかった分)~としてウェブページ上で紹介されました。


<影>
わからない君の気持ちがケータイの派手な絵文字の影にかくれて☆ (岡本雅哉)

<企画「ルー語でトゥギャザー」>
蛍ちゃんキタキツネ呼ぶルールルルー♪ 「ミーを呼んだかノースの国から?」 (岡本雅哉)


☆の歌は魚喃キリコさんだけでなく、ルー大柴さんも選とのことで、コサキン時代からのルーマニアな自分にとってはうれしい結果となりました。にぎやかさの裏にある寂しさ……ということでマニック・ストリート・プリーチャーズの“享楽都市の孤独~motorcycle emptiness ”とも通じる感覚を狙ってみました。(スケールが違いすぎ)
→歌詞はコチラ(英語でスミマセン)


「ルー語でトゥギャザー」は、自分の中では最高に盛り上がった(頭の中でコントが映像化されていた)んですが、短歌の形に収めるのは少々難ありだったかな……選外でした。

ケータイ短歌は投稿から採用までのスパンがおそらく長めなんだろう、と思いはやめに投稿したのがよかったのかな?よくわからないけれども。


土曜の夜はケータイ短歌に投稿しています


| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

<道>短歌 投稿しました(土曜の夜はケータイ短歌)

 以下の歌を、土曜の夜はケータイ短歌に投稿しました。10月のテーマは<道>。時事ネタとか織り込んでみたんですが、結果は選外でした。むずかしいのう……


 レフェリーのいないリングでボクサーは報道というリンチで瀕死 (岡本雅哉)

 アスファルト・コンクリートの通学路 それでも子どもは道草を食う


 K田事件に関しては、いろいろなところでいろいろなことが書かれていますが、今まで祭り上げていたメディアが手のひら返したようにバッシングすることには嫌悪感がこみ上げてきましたね。まさに人の<道>に反しているのではないかと。
 そこらへんのことは、朱雀式の亀田は表層に過ぎないのエントリーでも“亀田現象のこと - 虚構組曲”を引用されて言及されておりました。それにふれて自分もコメント欄にて以下の歌をお送りしましたのでご参考までに。


 まだやるか亀田祭り!?と思ったら手のひら返し亀田血祭り (岡本雅哉)


土曜の夜はケータイ短歌に投稿しています


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

<走る>短歌投稿しました

以下の歌を、土曜の夜はケータイ短歌に投稿しました。6月のテーマは<走る>でしたが、筆が走らない、走らない(笑)
当然のごとく、選外の結果となってしまいました。


乱暴にDNAをたどる旅 螺旋階段駆けあがる時

血走った目で叫ばれる“好きです!”に強要罪は適用可能?


最初の歌は結構好きなんですけどね、自分でも。
理性すっ飛ばして階段で追いかけっこしてると、何か原始的な衝動が駆け上がってきませんか?
きませんか。そうですか。なら仕方ないですね。

二つ目は妄想です。自分は、そうなる前に全ての危機は回避してきました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

<企画・「同じ音ではじまる5・7・5・7・7」>短歌

 以下の歌を、土曜の夜はケータイ短歌に投稿しました。5月12日の放送にはなりませんでした。
 今回は、5・7・5・7・7の句のそれぞれが同じ音で始まるというオモシロ企画。楽しく詠ませていただいたのですが……


“い” いいオトコ
    イヤミなくらい
    イケメンで
    いけすかないから
    イヤになったの

“ま” 正夢か!
    まさかと思い
    また寝たら
    また同じ夢
    マジで正夢!

“こ” コスプレと
    濃い目の化粧で
    ごまかした
    婚約相手は
    コレで落とした


 今回、なかなかよかったんじゃないか?とほくそ笑んでいたんですが、ぜんぜんかすりもしなかったね。
 「土曜の夜はケータイ短歌」、ぎりぎりの投稿だともしかしたら選外になるのではないかと思い始めています。以前一月間通しのテーマだったときに、木曜日に投稿した歌が翌週の土曜日の放送にて紹介されるということがあったので……疑心暗鬼。本番組に関しては以前、枡野浩一さんがこんなことをブログでおっしゃっていたのでそれ以来あまり熱くなれなくなってしまった自分がいます。
 加藤千恵さん、笹公人さん、穂村弘さんがゲストで出演しているから大丈夫だとは思うんですが。でもせっかく投稿しているからには、選者の方には届いて欲しいものですね。


 ギャラリーが見てるときだけうたうのはあざとい だけどひとりもやだな (岡本雅哉)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

<ロック魂>短歌

以下の歌を、土曜の夜はケータイ短歌に投稿しました。3月3日の放送にはなりませんでした。またがんばります。

傷ついた心が流す紅い血で汚れた世界を塗りつぶしてやる!(岡本雅哉)

……イメージは、ローリング・ストーンズの“ペイント・イット・ブラック”+マニック・ストリート・プリーチャーズのメンバーであるリッチー・ジェイムズの“4REAL”カッティング。わかるヤツはわかる(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|