« 100:好(岡本雅哉) | トップページ | (人形・ぬいぐるみ〔着ぐるみも可〕)短歌 総評・優秀作品発表!!(笹短歌ドットコム) »

完走報告(岡本雅哉)

昨年に続き、2度目の“題詠blog”の参加でした。

昨年詠んだ歌のうち50首から、“単語帳みたいな短歌集「Schoolgirl Trips」”が生まれました。

今年もまた、あるテーマを設定して詠みましたが、できるだけ推敲を重ねるようにしてみました。
ところが、考えれば考えるほどわからなくなったりして、時々は放置したり……
結果、昨年よりも1か月早くスタートしたのにもかかわらず、1か月遅れのゴールとなってしまいました。

しかしながら、ごいっしょのみなさん、鑑賞でとりあげてくださったみなさん、コメントくださったみなさん、長島三奈さんというよりとくダネ!の中野美奈子さんに励まされ、どうにか完走にこぎつけました。

主催の五十嵐きよみさん、ステキな機会を設けてくださりありがとうございました。
来年もまたこの場所でみなさんと会えるのかな?

“tune deletion(ツンデレーション)”  (全投稿歌 by 岡本雅哉)

泣かせたいだけなんでしょう本当はキミの笑顔が好きとかいって

通販で買うヨガマット一日が豊かになると丸め込まれて

ふり払う腕はつかんで欲しいのよ助けるのってそういうことよ

ひだまりで小鳥と泳いでみたくなり春の水着を試着してみる

気がつけば頭の中は七五調うまく形にならず失語症 

涙さえキレイに弾いて水玉に 心もテフロン加工できれば

食卓にふたりが居るのはなんのため ランチョンマットは汚されるため

オンナだもん飾り小窓にとじこめてあきらめちゃった夜もあるかな

好きすぎたわたしは強く抱きすぎたもうふわふわはふわふわじゃない

市街地で育ったんだねやわらかくひとのあいだをすり抜けるきみ

じょうずには鳥居みゆきになれません。嫉妬。END。乱。嫉妬。END。乱。

(発達の過程で失くしたもののあるヒト科のメスの本能が)泣く

カタカナの名前のホテルならいいや 漢字だったりひらがなはいや

もっともっともっともっと(煮詰まると)もっともっとも(別のものになる)

聞き飽きたからいわないで自覚したからいわないで 努力型だと

Uターンしてくる翼を待ちわびて空港になる暗闇の中

認知してもらえないのね難産の末にうまれた大きな誤解

格差とか感じません、って。あなたまだゲームに参加していないでしょ?

知るかバカ!こんなに顔が近いのに「入れた?ノートンアンチウィルス」

貧しさがもう白くないiPodのイヤフォンコードにからみついてる

くちばしとしてるみたいな硬いキスたぶんもうすぐきみは飛び去る

職歴に書けないことを書かないと埋まらないから埋められないの

いつまでも幼いままの恋人よわたしのシャツはタオルではない

海老を買う きっとあなたは天ぷらかフライにするかさえ決められない

ため息を吐けばたちまちそそり立つ樹氷の中にあなたは眠る

コンビニでよく聞く曲がいい曲に聞こえだしたら 疲れてる、もう。

既婚者だという事実がブレーキにならないくらい加速して海

なにひとつ悩みがないと思われて明るく冷たい透明になる

薄っぺらな笑顔は丸めこみやすく くしゃくしゃ、ポイして振りかえらない

洗われて吊るし干された牛乳パック あなたをこれからどうしようかな

またすぐにしゃがんでしまうてっぺんをやさしくなでてほしがるわたし

今日からはあなたとつなぐ右の手の丸みを世界と呼ぶことにする

黒髪と太陽光の織り成した冠ひとつで女王になる

終らない序曲のようなまどろみにさよならカーテンコールスコール

イントロのリフに溺れるためだけにリピートしてる「ロンドン・コーリング」

さっきからページはめくってないけれど あなたが意図を読んでください

江ノ電に藤沢駅で乗り換えて海に行くふりだけはしてみた

またいつか→またいつの日か→またの日か→またべつの日か→わたし次第か

経験をつめば世界は広がって 寝ころがるにはいいかもしれない

すみれ色が濃くなる窓ガラスのうえを星は流れて朝露になる

「引っ越すの」「結婚するの」「辞めるの」といったとたんに食いつくなよなー

クリックをしてさえいればいいなんて思ってるなら、甘い。甘いよ!

「係員の指示に従ってください」(依頼の形の悲鳴その1)

きらめくわさびれた村の温泉でわたしに戻ったわたしの肌は

暗幕はきみの形にふくらんでわたしを誘うけどだまされない

ただでさえ知らないことがかなしいのに常識だよって顔で見るのね

冷蔵庫に冷えるプリンのカラメルを半分舐める 警告として

あたたかい手のひら以外の取り柄などぜんぶ失くしてめぐり逢いたい

「ソムリエが揺らす真赤な球体はワインのグラス?」「毒林檎だよ」

被災者のような顔して逃げまどう彼を許せない  わたしが火事か

はりきって燃えすぎだから夕日まで帰りたくない言い訳じみて

非常用縄ばしごなんて下りててもわたしセクシー?不二子みたいに?

妊娠はまだ、で微笑む できないかしないかはあなたに関係ない

なつの夜のねむりは夢か現実か かいているのか寝汗か寝首

(ほんとうは決めてあるけど)「式場は責任持ってあなたが決めて」

代官山アドレスよりもその脇の草地に咲いたひまわりが好き

いやだっていえばいうほど好かれてくああもういやだ(これは縁だね)

呪文とか鏡を見ては口ずさむ女はみんな魔法少女ね

穏便に済ませようとか思ってるあなたは既に獲物なんだよ

ミニは無理 ナマ足からも引退の二字がちらつく冬の朝です

毒キノコみたいに彼女が身にまとうピンクハウスがふりまく胞子

坂道の多い街ゆえ思い出は積んで置けない本屋さえない

高速でゆらり揺れては消えていくテールランプにさそわれて ゆ め

さめやらぬ熱をかかえて歩いてるいちょう並木の神宮外苑

口だけで守ってくれないひとばかり戦争よりも選挙反対

曲がり角はあまりに急でまたもとにもどってしまいそうで止まった

パレードの甘いムードにべたべたのチュロスもフルートめいてくる夜

小道具にこだわる場合じゃないけれど秋刀魚のけむりで泣いたふりとは

ブランドのショップ袋の片隅にホンネ隠してランチを食べる

戦闘の準備はできた音飛びのCDみたいなエレクトロニカ

もうキミはつねってくれないほっぺたがほらこんなにも痩せっぽちだよ

逆らってみたい気持ちをなだめつつ瀬戸内海のうず潮を見る

メスだから(マスクをつけたドクターは視線で要求)どうぞお好きに

風の日はひとのすきまをさがしつつ肩をすくめてとがらせている

さようなら涙でにじむ観覧車(おまけにしてはよくできている)

罪深いきみの笑顔だ 安住の地なんてきっとぼくらにはない

隣家との境で斬る樹 庭石を歩けば軋むおが屑の雪

雨音が叩くリズムはアンコール踵を返し走り出す傘

脱いでても脱いでなくても恥ずかしいところを見せるのは鏡だけ

うなだれた顔を横からのぞきこむ午後の陽射しはおせっかいやき

早熟なこころとからだが生ぬるくからむ記憶を追いかけて夏

つかのまの青春まるごと眠らせて電源ボタンの青い点滅

「憂鬱がうつるからやだ」ためらわずわたしの膝からおりていく猫

氷河って流れないのに河なんだ(涙も流れないのに涙)

クリスマス無くても生きていけるからケンタッキーとかじゃあるまいし

未来への切符がなくて泣きそうだ(しおりがわりに本にはさんで)

若作りなんていわれてしゃくなんで学生気分で恋してやった

もらい手がいないわたしの膝で寝る黒猫めいた手編みマフラー

リトマス紙濡らしてテスト これは雨それも酸性それとも女性

青ざめたわたしをのせて長机よ担架になって運ばれてゆけ

執念と引きの強さは負けません冬のセールの申し子として

夕焼けをバックにふたりバリ島の影絵みたいにぎこちなくなる

太陽があかるく逃げ場をうばう朝 笑って鼻を明かしちゃえ そら

彼方から、手紙はそんな書き出しで(綺麗ナ言葉ハ鋭ク刺ル)

今までのわたしじゃないのなめないで 卓上コンロのボンベ替えつつ

マイナスを避けたところでプラスさえ回りまわってバツになるかも

断れない理由がふいに浮かんでは断る理由をかき消していく

自由すぎて空も飛べない 音もなく通りすぎてく電気自動車

さがしてたひとはけっきょくみつからず右手はポッケに戻ってねむる

届かないからこそ本気で投げられるボールみたいに「好き」をかかえて

|
|

« 100:好(岡本雅哉) | トップページ | (人形・ぬいぐるみ〔着ぐるみも可〕)短歌 総評・優秀作品発表!!(笹短歌ドットコム) »

コメント

完走おめでとうございます。
マラソンとはよく言ったもので、本当にそのときどきのメンタルが反映されてひとつの流れができるところがおもしろいですね。
私はiPodのが響きました。リアルな痛み。
ダ・ヴィンチのスイカのもよかったです、ついで事後報告になっちゃってすいません。

投稿: 玉子 | 2009年11月26日 (木) 17時51分

い、やーん! 抜かされた!

完走おめでとうございます。
ふわふわの歌がやっぱり好きです。
昔死なせたひよこを思い出すのです。

次に好きなのが、市街地で育ったやつです。
私は田舎育ちなので、人にぶつかりつつ歩いています(笑)。

そんな感じで。
ツンデレーション!(合言葉)

投稿: 遠藤しなもん | 2009年11月26日 (木) 19時54分

完走おめでとうございます。
岡本さんの歌、安定してますねー。
わたし、今もあんまりなんですけれど、最初の投稿あたりのなんかもう箸にも棒にもかからないようなのばっかりで、しばしぼーぜんとしちゃいました。
うー、でも、ことしは完走できてよかったー。
単語帳短歌風鈴ふぜいありますねー。というか、あの玄関のお家が気になった。^^;;

投稿: はづき生 | 2009年11月26日 (木) 21時49分

玉子ねえさん、おはようございます!

長いマラソンでした……途中で歩いたり、友だちとしゃべったりするほうのやつ(笑)
iPodはみんな持っていると思うんですが、元からついているイヤホンは、すぐに汚くなるなあってところがきっかけの歌なんですありがとうございます。
“スイカ”の歌、一瞬なんのことだろうと思ったんですが、
・パスケースで敏感な場所を叩かれて「ヒッ」と悦ぶ自動改札
の歌ですね!うれしいです、すごい時間差褒め(笑)


しなもんさん、おはようございます!

へっへーん!ここまでおいでーっ!
(むろん、たいした差はない)
ふわふわの歌、ありがとうございます。大事にするかげんってむつかしい。市街地は、高校時代の友だちをイメージして詠みました。どっちの歌も“ひらがな”系ですね……興味深い。
ツンデレーションだから、あんまり褒めちゃダメ。もっとけなしていこう♪(僕以外の人を)


はづきさん、おはようございます!

完走おめでとうございますお互い!気分はワンツーフィニッシュ♪
しかし、安定なんてしてない、してない!たぶん推敲したらきりがない!しかし後ろは振り返らない!
あとではづきさんのブログにも顔出しますね!
単語帳風短歌集のページ見てくれてありがとうございます。あの家は(http://kandanoie.com/)です。素敵でしょう?でも短歌集も素敵なので買って(笑)

投稿: 岡本雅哉 | 2009年11月27日 (金) 10時21分

完走おめでとうございます!
お疲れ様でした。
わたしは今年参加しそびれました。。。


市街地で育ったんだねやわらかくひとのあいだをすり抜けるきみ
Uターンしてくる翼を待ちわびて空港になる暗闇の中
さようなら涙でにじむ観覧車(おまけにしてはよくできている)
うなだれた顔を横からのぞきこむ午後の陽射しはおせっかいやき

がとても好きです。

マラソンをはじめダヴィンチやロクニンデイッシュなど岡本さんのバイタリティ尊敬します!
これからもご活躍くださいね。楽しみにしています。

投稿: 瑞紀 | 2009年11月27日 (金) 19時52分

瑞紀さん、こんばんは!

題詠は、来年ご都合がよかったらまたごいっしょしましょう!
お好きな歌まであげていただいてありがとうございます。大変励みになります!
自分は楽しいことやってるだけですよ!瑞紀さんのブログにもよく遊びにいっていますよ。
お互いがんばりましょう!


投稿: 岡本雅哉 | 2009年11月28日 (土) 23時20分

完走おめでとうございます。
私は来年あたり頑張ってみたいと思います。

投稿: 中森つん | 2009年11月30日 (月) 15時47分

完走、おめでとうごいました!(遅)

ごそごそと、夜な夜な100首を読んでおりました。
それで僭越ながら、私のお気に入り10選を挙げ
させていただきました。

31 またすぐに・・・
33 黒髪と・・・
37 江ノ電に・・・
47 冷蔵庫に・・・
48 あたたかい・・・
56 代官山・・・
72 逆らって・・・
74 風の日は・・・
81 早熟な・・・
92 夕焼けを・・・

他にもあったのですが、10首と決めておりまして
苦労しました(汗)

それで、この中の私の一番のお気には!!
31と37で悩んだ結果!!!

37 江ノ電に藤沢駅で乗り換えて海に行くふりだけはしてみた

に決定!!
ひとりで出かけているのか、二人か、それとも
グループか・・・・そこが書かれていないことで
想像が膨らみました。
特に私、江ノ電大好きなもので^^
淡々とした中に切なさがそこはかとなく伝わって
くるいい歌と思いました。

31 またすぐにしゃがんでしまうてっぺんをやさしくなでてほしがるわたし

このお歌は、ひらがら表記が利いている!と思いました。
「わたし」が客観視されていて、私の壷にはまりました^^

100首、お疲れさまでした~~

投稿: 西野明日香 | 2009年11月30日 (月) 17時48分

中森さん、おはようございます!

題詠は、本当にマラソンで、すごく苦しいときもあるけれど、並走している方や応援の方(鑑賞サイトがあります)のおかげもあって完走できる感じです。

自分は毎年(とはいえ2年しか参加していませんが)テーマを決めて詠んでいますが、100のお題だけだと路頭に迷うときがあるのでいいですよ♪


西野さん、おはようございます!

江ノ電、意外~(笑)
これは自分の大学時代の歌です。詳細はナイショです♪
でも、風の日の歌はたぶん選んでくれる気がしてましたなんとなく。
ひらがなの歌は甘くなりがちなんですが、またすぐにの歌はそれほどベタベタにならずにすんだ気がします。すぐにしゃがんでしまう子って、いますよね~!それでなでなでされると「うん、がんばる」っていう(笑)

投稿: 岡本雅哉 | 2009年12月 1日 (火) 10時16分

こんにちは。
遅くなってしまいましたが、完走おめでとうございます☆
そっか、今年はツンデレーションだったのか・・・^^
好きな10首を挙げます。

002:一日  010:街  011:嫉妬  016:Uターン  037:藤  039:広  074:肩  078:アンコール  086:符  098:電気

やっぱり「嫉妬」はすごいです。

投稿: イマイ | 2009年12月 5日 (土) 13時31分

イマイさん、こんにちは!

コメントありがとうございます。どんなに遅れても、うれしいものはうれしい!
そうです、実はツンデレーションだったんです(笑)
わかーりーにくいねー(パッピイ、ラブ)♪

一番人気、「嫉妬」ですか……限りなくイロモノに近い歌なんですが、うまく時流にものったような……唯一の欠点は、鳥居みゆきを知らない人にはまったく理解できないこと(笑)。次回は、もっとマスなところに共感を得られる歌を狙っていきたいと思います。自分的には、街と肩が好きなんですが、こちらももっともっとうまい詠みかたがあったような気がしています♪

僕もそろそろ、イマイさんのように自分目線からきちんと詠んでいく時期が来ているのかもしれません。投稿を続けているうちに、“ネタ”的な詠みかたしかできなくなっているようで……。

投稿: 岡本雅哉 | 2009年12月 8日 (火) 13時30分

こんばんは

011:嫉妬、の歌、
もし鳥居みゆきを知らなかったとしても
一押しでした~。(^_^)

麦太朗

投稿: 麦太朗 | 2009年12月 8日 (火) 19時37分

麦太朗さん、こんにちは!

ほんとですかー!うれしいです!

でも、ちゃんと「ヒットエンドラーン!」のコントを見たあとの方が、絶対に楽しいですよ♪

投稿: 岡本雅哉 | 2009年12月10日 (木) 14時28分

 マイブログ「見沼田圃の畔から」に掲載していた「一首を切り裂く」の更新を、お題「001」から「100」まで、本日午後、完了致しました。
 その記事の中には、御作について論じさせて頂いたことも多々在ると存じます。
 ご多忙中、大変失礼とは存じますが、何卒、ご一読のうえ、ご感想などをお聞かせ頂ければ幸甚と存じます。
        正月十日余り一日  鳥羽省三

http://daitakubo.blog67.fc2.com/

投稿: 鳥羽省三 | 2010年1月12日 (火) 12時11分

鳥羽さん、あけましておめでとうございます!

とうとうやりましたね、100首。
そちらもおめでとうございます。

鳥羽さんの毒蝮三太夫ばりの辛口コメントに愛を感じている人は多いと思いますので、今年もまたよろしくお願いします。お身体には重々気を付けて下さいね!
後でブログを拝見しに伺いますね。

投稿: 岡本雅哉 | 2010年1月13日 (水) 11時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145038/46864315

この記事へのトラックバック一覧です: 完走報告(岡本雅哉):

» 岡本雅哉さんの歌 [麦太朗の題詠短歌]
題詠blog2009を走り終えた方々の歌からお気に入りを選んでいます。 岡本雅哉さんの百首歌の中からお気に入りを七首選んでみました。 ☆マークを付けた歌がいちばんのお気に入りです。 010:街 市街地で育ったんだねやわらかくひとのあいだをすり抜けるきみ ☆011:嫉妬 じょうずには鳥居みゆきになれません。嫉妬。END。乱。嫉妬。END。乱。 026:コンビニ コンビニでよく聞く曲がいい曲に聞こえだしたら 疲れてる、もう。 031:てっぺん またすぐにしゃが... [続きを読む]

受信: 2009年11月29日 (日) 12時41分

« 100:好(岡本雅哉) | トップページ | (人形・ぬいぐるみ〔着ぐるみも可〕)短歌 総評・優秀作品発表!!(笹短歌ドットコム) »