« 052:縄(岡本雅哉) | トップページ | 053:妊娠(岡本雅哉) »

<波>短歌 紹介されました(夜はぷちぷちケータイ短歌)

渋マガZ「夜はぷちぷちケータイ短歌」、8月のテーマは<波>でした。

まず、月間テーマには9首投稿しました。

そのうち、の歌がHPにて紹介されました。
3.の歌は8月9日、7.の歌は8月23日、ともにだいたひかるさん選です。


<月間テーマ「波」>

1.ネコの毛になりたいあなたのひざの上ミニスカートの波にゆられて

2.光って波と粒子の両方の性質をもつ まるでキミだね

3.つないでる手の温もりを疑って波打ちぎわを歩けなくなる☆

4.波の出るプールでキミと流されることの怖さと楽しさを知る

5.波の出るプールは夏の終わりには涙が流れるプールになった

6.波の出るプールのはずが夏の終わりにはしょっぱい涙が流れるプール

7.うす味に文句をいえば食卓の上に京風波浪注意報☆

8.デート場所はきまって海 いいかけた言葉も波が飲みこんでいく

9.横にいて波の音だけ聞いていて泣き声なんて聞かせたくない


……なんかまんまな歌が多くていやだなあ。それにしても波の出るプール好きすぎ自分。

3.の歌はだいたさんが採りあげてくれましたが、先月にひきつづき彼女には恐らく似たような体験があったと思います(笑)

7.の歌は……なんでキミは関東出身なのに薄味志向なのでしょうか……しょうゆの名産地出身なのに(笑)あ、波風立てたくないんでこのくらいにしておきますね。健康にいいしね。ね。


つづいて企画モノ。ぜんぶで6首投稿しました。


<8月9日企画「しぐさ」>

1.いつもより真面目に話を聞いている どうやらこれで最後のようだ

2.気にしないふりをしてるのが悲しさで 君が泣いてるのが優しさだ

3.沈黙が長くつづけばつづくほど テープにとっておくべき事態


<8月16日企画「クラス会」>

……欠席。


<8月23日企画「疑い」>

1.「いってきます」出かけたあとの玄関に僕の知らない香りが残る

2.友だちと温泉旅行に行ったはずの姉が銀座で泣いていました

3.「もう会えない」黙る彼女のケータイの待受画面を今は見れない


……感想。

1.の歌は、似たアイデアでもっと輪郭をはっきりさせたいい歌が採用になっていました。

2.の歌はどこかでみたことあるような気が(笑)柳の下をのぞきこんでてもしょうがないぞ!


ちょっと、軒並みクウォりティ低かったなあ。とくに企画モノ、もっと推敲しなきゃね。


……9月のテーマは<残>ですね。残暑……って使いたかったんだけど涼しいですね。残念ですね。でもがんばります。


夜はぷちぷちケータイ短歌に投稿しました

|
|

« 052:縄(岡本雅哉) | トップページ | 053:妊娠(岡本雅哉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145038/46016019

この記事へのトラックバック一覧です: <波>短歌 紹介されました(夜はぷちぷちケータイ短歌):

« 052:縄(岡本雅哉) | トップページ | 053:妊娠(岡本雅哉) »