« 067:フルート(岡本雅哉) | トップページ | 「煙」「戦争の歌」「帽子」「胸」短歌 投稿しました(NHK短歌) »

おそろしい子!(星野しずる)

街じゅうのせいいっぱいの水はどう? 紙飛行機をたどってゆけば (星野しずる)


……星野しずるを知っていますか?

その一連の歌におけるまばゆいばかりの叙情性が。

いま、多くの人を魅了してやみません。


加速度を忘れ孤独な駄菓子屋は低血圧の終電をゆく (星野しずる)

水晶は木立の砂丘 物憂げなペットボトルを待つ日の景色 (星野しずる)

魔術師の記憶を隠す永遠のいつもの渦を集めれば星 (星野しずる)

混沌のかかとを離れ夢のないまぶしい嘘に隠された犬 (星野しずる)

深海を眺めればお茶 やわらかな罪を数えて空の残像 (星野しずる)

少年を集めたら罪 凛として嘘へ届いた海の青春 (星野しずる)

凛として女の僕を集めたら空の女は夢のあいだに (星野しずる)


twitterも彼女の話題で持ちきりです。(→コチラ


あなたもぜひ、彼女の短歌の魅力に触れてみてください。

彼女の存在は……まさしく、短歌界への挑戦です。

A5aca5e9a5b9a1a1a3b2
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気になるあなたは、いますぐホームページ「犬猿短歌」をご覧下さい!(→コチラ

※なお、彼女をプロデュースした佐々木あららさんは、きちんと筆名を「星野しずる」と付記することをお願いされています。彼女の作品を発表する際は気をつけましょう。


【9/28追記】
佐々木あららさんの「星野しずるの犬猿短歌(いぬざるたんか)」がこのたび<第七回枡野浩一短歌賞>を受賞しました。おめでとうございます……やっぱり、おそろしい子!

|
|

« 067:フルート(岡本雅哉) | トップページ | 「煙」「戦争の歌」「帽子」「胸」短歌 投稿しました(NHK短歌) »

コメント

岡本さん、こんにちはー。

これ、面白いですね!
歌人さんならではのスクリプトですね。
発想がすごいなあ。

面白い歌が量産されて、癖になりそう(笑)。

投稿: みつき | 2009年9月24日 (木) 13時56分

みつきさん、おはようございます!

ね、よく考えつくよね?

枡野浩一さんは“批評だ。”っていっていましたけど、佐々木あららさんはちゃんと表示される語彙を“それっぽい”ものに限定しています。
“それっぽい”歌を詠む人にとっては脅威でしょうね。ま、僕はそれっぽい歌不得意なので(笑)

さらにおそろしいことに、“星野しずる”で検索してみると、“題詠blog2008”の感想サイトで結構採りあげられている……。

だれか2ちゃんねるの“タンカ侍”とか“現代短歌総合スレッド”に投下して下さい(笑)

投稿: 岡本雅哉 | 2009年9月25日 (金) 10時02分

 アルゴリズムというスクリーンを通すことによって、短歌の内容を分解、分析していける試みですね。おもしろい。各素の姿がみえてきそう。

投稿: はづき生 | 2009年9月25日 (金) 14時12分

はづき生さん、こんにちは!

自分は元来、意味がよくわからない飛躍が苦手だったのですが、「犬猿短歌」の登場によって胸のすくような思いがしました。

恋するだけが乙女じゃない
素直なだけがいい子じゃない
とっぴなだけが短歌じゃない

現在しずるさんが使う語彙は500字にみたないそうですが、それだけでも十分読ませる歌になってしまうんですね……しかも“単語はまず、「現代短歌でよく目にする、いかにもな言葉」を思いつくまま入れました。”ってあららさん……鋭いなぁ!

投稿: 岡本雅哉 | 2009年9月28日 (月) 11時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145038/46298229

この記事へのトラックバック一覧です: おそろしい子!(星野しずる):

« 067:フルート(岡本雅哉) | トップページ | 「煙」「戦争の歌」「帽子」「胸」短歌 投稿しました(NHK短歌) »