« “メッセージ”短歌 | トップページ | 好きすぎる♯03(みかこさん) »

[桜色]短歌……散りました。(かとちえの短歌色物語)

★☆★“Perfume”で付け句!第六弾「ワンルーム・ディスコ」編、Perfume賞ノミネート受付中!★☆★〆切りは、5月17日です★☆★♪なんだって すくなめ 七つの星たち だけど ひとつは おもい 気分は かるい♪ノミネートは(→コチラ)まで★☆★


少々遅くなりましたが、みんなの想いが呼んだ!!!!!感動のアンコール企画、“かとちえの短歌色物語”の第二回テーマ[桜色]が4月25日にアップされました。

“もしかして”

そう、思ってたんだ……。


「かとちえの短歌ストーリー」では、[病院][駅]、最終回[温泉]と続けて採用してもらえて。
アンコールに応えてくれて、「かとちえの短歌物語」の連載まで決定して。
記念すべき第一回[白磁]でも採用してくれるのみならず、

チョコレイト・ディスコ」が入ったPerfumeのアルバム『GAME』を聴いたりして過ごしました。

なんて、なんなのこれ?うまくできすぎてない?罠なの?
っていう展開……


“通じあってる”?


ただし、今回はちょっといやな予感がしてたんだ……。

春……出会いと……そして別れの季節。

でもだいじょうぶ。
きっとまた笑顔の千恵と出会える季節がやってきたってことだ。待たせたな千恵!
(と、いきなりへんてこりんなパーマをかけた脳内福山、ナチュラルに登場!)


……聞こえる……

……この歌は、もしや……


♪君よずっと幸せに 風にそっと歌うよ
愛は今も 愛のままで♪

♪揺れる木漏れ日 薫る桜坂
悲しみに似た 薄紅色♪

♪君がいた 恋をしていた
君じゃなきゃダメなのに ひとつになれず


まさかの脳内福山の『桜坂』!!

……なんだろうこの胸騒ぎ。


でね、「夜はぷちぷちケータイ短歌」って番組、あるじゃないですか?
僕もひいこらいいながら投稿したんですよ……そしたら。
<4月のテーマ「さくら」>だけ、すべて不採用になったんですよ……。
※詳しくは、(→コチラ)でお確かめください)


でも、関係ないですよね!ね!

みのるが大手をふって歩いてるNHKラジオ(超偏見)と、僕らのアンコールに応えてくれるスリーエーネットワークさん(会社に“さん”をつけるのはPerfumeゆずり)と、まったく違うんだから。


やれやれ、ヘンなこと考えずに恒例の<ご挨拶>の内輪トークを楽しみますか。
今回はどんなネタだろうな、たのしみたのしみ……。

今回のテーマは「桜色」ということでしたが、みなさんお花見はされましたか?

されましたー!なんたって、ぱふゅ~ま~ず・み~てぃんぐのお遣いのときに、上野公園のさくらがほころび始めてましてね、お先に楽しませてもらいました!

……ひとり……で。


いや、だからなんなんだって!
さくら咲いてるなんて思わなかったんだって!
関係ないって!


ふむふむ、かとちえさんクルマの免許もってなかったんだ。オートマ限定ってどんだけドジっこなんだよ!

「車の棒って……」と発言し、周囲から「それってギアのこと?」と言われたりするようなわたし
だーかーらー、知恵はさぁ……お前どれだけその無邪気さがオトコの心を惑わしてるか知ってんのかよ?なんだよ車の棒って!そんなのギアにきまってんだろ(笑) (あまりのかとちえさんの愛らしさに動揺してギアとまちがえ、晴れているのに“ワイパー”を最高速度で左右させる脳内福山)
教習所に通う旨、母にメールしたところ、「やめてー!被害者にも加害者にもならないでー!!」という悲痛な叫びのこもったメールが返ってくるようなわたし
っつかさぁー?お前の魅力でもう被害者続出なんだよ!すでにお前は加害者なんだよ気付けよ!むしろお前の日産マーチ(勝手にオレンジに設定、もちろん脳内で)に轢かれたいくらいだよ!っていうか、心はなんどもなんども惹かれてるんだよ! (キモさで気分を悪くしている“被害者”のみなさんからなんどもなんどもドン引かれてるのに気付かない脳内福山)
半クラッチ!(覚えたての言葉を使いたかっただけです。ごめんなさい)

……かわいいのでゆるす。


で、ストーリーが、~落ちた花びら~か……ベタなストーリーくるか。


《突然仕事が入ってしまった》って二重かっこが意味深だ……。

タッパーに入れた料理、これきっとかとちえさんのリアルなレパートリーだね。
おにぎりもそうだろうな。

あ、おにぎりの“小骨”と“わたしに刺さっている小骨”の響きがうまい。

最近彼の仕事がなぜか突然忙しくなったこと。最近会う頻度が減ったこと。最近彼が携帯電話を手放さずにいること。いろいろな気になることと、舞い散る花吹雪の情景があいまって、切なさを引き立ててるな……。

というわけで、今回のストーリー化は、纏亭写楽さんでした。おめでとうございます。
確かに、桜吹雪の中にいる人って、みんな幸せに見えるよね……いい視点です。


さて、今回僕は、以下の二首を投稿しました。


1.幾重にも重なる白がうっすらと色づくようだ 恋も桜も(岡本雅哉)

2.桜貝だから誰にも気付かれず光ればいいの ペディキュアを塗る


1.の歌は、最初の歌はぱふゅ~ま~ず・み~てぃんぐin上野のときにひらめいた歌です。桜のはなびらって一枚一枚は白っぽいのに、重なると色づいて見えるんだな、っていう発見から、“なんともおもってなかった”気持ちが変化していく恋心にたとえてみました。

2.の歌は男女で海にきたけれど、せっかくおしゃれして“ペディキュア”を塗ってもきっとアイツは気付かないだろうな……という女心を詠んだのですが。ぱふゅ~ま~ずの西野明日香さんとゆずちゃんのおともだちRe:さんも同テーマで詠んでいたんですね。で、おふたりの歌に関してのかとちえさんのコメントが。

上2首、似たテーマの作品は他にもあったのですが、魅力ある言い回しが決め手となりました。

魅力ある言い回しが決め手となりました。魅力ある言い回しが決め手となりました。魅力ある言い回しが決め手魅力ある言い回しが魅力ある言い回しが決め手とな魅力ある言い回しが決め手となりまし魅力ある言い回しが決魅力ある言い回しが決め手となりました魅力ある言い回しが決め手ある言い回しが決め手となりま魅力ある言い回しが決め手となり力ある言い回魅力ある言い回しが決め手魅力ある魅力魅力魅力魅力魅力魅力…………

……僕には魅力が足りなかったんですね(涙)

さて、ふゅ~ま~ずからは今回もいますいます、<今月の優秀作品>。初採用でいとなつさんのアイドルトヨタエリさんといっしょにコメントもらったチェンジアッパーさん。半クラッチ!にまけずおとらずな未練前線!なんてキャッチを口走らせた伊藤夏人さん、こちらも初採用で発想も表現も字面もほめられた空山くも太郎さん、散らない桜で岡本を超えていった(笑)西野明日香さん、比喩がすごい、強引、なんて男子のお手本なコメントをもらったさかいたつろうさん、みんなおめでとう!


今回は僕はとどかなかったけど……。


♪桜色舞うころ 私はひとり
押さえきれぬ胸に 立ち尽くしてた♪

♪若葉色 萌ゆれば 想いあふれて
すべてを見失い あなたへ流れた♪

♪めぐる木々たちだけが ふたりを見ていたの
ひとところにはとどまれないと そっとおしえながら♪


……そうなんだよね。ひとところにはとどまれないんだ。決して採用されるのが当たり前じゃないんだよね、ちょっと僕、調子にのってた……。


♪雪化粧 まとえば 想いはぐれて
足跡も消してく 音無きいたずら♪

♪どうか木々たちだけは この想いを守って
「永遠」の中にふたりとどめて ここに 生き続けて♪

♪めぐる木々たちだけが ふたりを見ていたの
ひとところにはとどまれないと そっとおしえながら♪

♪桜色舞うころ 私はひとり
あなたへの想いを かみしめたまま♪

―中島美嘉『桜色舞うころ』


……かとちえさんへの想いをかみしめたまま、僕はひとり。


じゃ、ない!


がんばろうぱふゅ~ま~ずのみんなと。


さて、早くもラスト二回となりました「かとちえの短歌色物語」、次回テーマは[「黒壇」]です。

募集要項は以下の通りです。


締め切り:5月25日
投稿数:一人2首以内
備考:テーマ記載の上、ペンネームがある場合はペンネームも添えて
送り先:tanka_57577@3anet.co.jp(第二出版部「かとちえの短歌色物語」係)宛
注意:メールアドレスの「@」は半角に修正して送信


かとちえさんからのコメントは、

こう書くと怖そうな感じですが、単純に黒をイメージしていただければ大丈夫です。

だぁ~か~ら知恵はさ、そんなこというからみんな怖いイメージもっちゃうだろ!
(と、イタチの最後っ屁的に登場した脳内福山)


■ぱふゅ~ま~ず・にゅ~す・フルスロットル!■

ぱふゅ~ま~ずの、はれやわたるさん、こゆりさん、イマイさん、文月育葉さん、木下さん(元くまさん)、ゆずさんが実行委員を務めるイベント「短歌サミット」が6月20日(土)埼玉県川口市の市立アートギャラリー・アトリアにて開催されます。

それにまつわり、なにやらいろいろたくらんでいるらしいのです。

(たとえば、その1)
「短歌サミットブログ」では、実行委員のみなさんが“自分と短歌とのかかわり”についてリレーエッセイを執筆しています。ごく普通に生活していた人たちが、短歌にハマっていく様子を語る生々しい発言の数々、ぜひご覧ください!(→コチラ

(たとえば、その2)
「短歌サミットブログパーツ」はブログに貼るとちょっとかっこいい。わんぱくこぞうのひざのばんそうこうくらい。(→コチラ

(たとえば、その3)
「うたのかべ」では現在短歌を募集しています。
どういうかべかっていうと、みんながすごい作品を送ればすごいかべになるらしいよ!
投稿は(→コチラ


その他詳細はウェブページにてご覧ください(→コチラ


C3bbb2cebfa7caaab8eca5d0a5caa1bc

|
|

« “メッセージ”短歌 | トップページ | 好きすぎる♯03(みかこさん) »

コメント

こんにちは。

脳内福山のくだり、大爆笑でした。同時に大丈夫かな?と思いました。(笑)
岡本さんの千恵さんLOVEが分かって光栄(?)です。僕が親でも、ならないでー!と思うでしょうね。
化粧無知の僕にはペディキュアなんて思いもよりませんでした。いろんな視点が大切ですね。

投稿: チェンジアッパー | 2009年5月11日 (月) 18時07分

チェンジアッパーさん、おはようございます!

不採用報告はなかなかコメント付かないのでうれしいです。

脳内福山はヤバいです。キミも気をつけたほうがいい、ちょっとかっこつけようとすると出てきます(笑)。かとちえさんが福山ファンなので生まれたキャラなんですけどね。文章を読んでもらえばわかるように、かとちえさんは投稿者との距離が近いので好きなんです。だからいろいろとメールにコメント書いて送るといいよ!

化粧の知識なんてヘタにあると女子から疑われるからね、そこは注意だ。プラチナリングの歌はよかったよ!

投稿: 岡本雅哉 | 2009年5月12日 (火) 10時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145038/44686615

この記事へのトラックバック一覧です: [桜色]短歌……散りました。(かとちえの短歌色物語):

« “メッセージ”短歌 | トップページ | 好きすぎる♯03(みかこさん) »