« “国際理解”短歌投稿しました(第4回中部大学国際理解短歌) | トップページ | <影>短歌 投稿しました(土曜の夜はケータイ短歌) »

(SF)短歌 総評で採りあげていただきました(笹短歌ドットコム)

笹公人師範の、笹短歌ドットコム、テーマ(SF)の総評が発表になりました。

前回のお題(漫画家)でリハビリを終え、以下の10首を詠ませていただきました。
そして今回、☆の歌を総評で採りあげていただきました。笹師範、ご多忙の折どうもありがとうございました。


  1.飛びこんで、右から5こめの水たまり!小学校への近道だから☆

  2.始業前窓の外には宇宙船「バリアーカイジョ、ワープカンリョウ」

  3.にいちゃんのあんどろいどはしゃべれませんひざまずき口はあけるくせにさ

  4.タイムスリップしてきたジャック・ザ・リッパーがけさ中学生に殺されました

  5.向きあったエスパーわらって透視するわたしのムネの前のトランプ

  6.床の間のモノリス突然起動してほほ笑む元カノのホログラフ☆

  7.いつだってこの日に帰ってこれるよう結婚指輪をメビウスの輪に☆

  8.半猫の友のみ生き残る星に再びメテオストームが くる

  9.みなしごがぐるぐる回るファイバー内光速のゲシュタルト崩壊

  10.亡き妻の形見の偵察衛星は同じ軌道を周り続ける


さて、今回は3首しか採り上げていただけなかったわけなのですが、採り上げていただいた☆の歌ももう少し表現に工夫すると良かったかなと思いました。それは、斉藤真伸さんの「SF」歌評における西原まことさんの投稿歌に関する以下のコメントを拝見して強く思いました。

・あの頃のあなたの笑顔がみたくって夏への扉の鍵を手にする

西原まことさんの作品。「夏への扉」は、言わずと知れたハインラインの名作。「夏への扉の鍵を手にする」じゃなくて、「夏への扉に鍵を差し込む」とした方が、より鮮明に読者が「夏への扉」というものをイメージすることができるのでは。「鍵を手にする」とやっちゃうと、一首の焦点が、「夏への扉」ではなく「鍵」そのものになっちゃうんですよね。自分のこの歌の「焦点」はどこにあるのか。これはものすごく重要なことです。

ね!自分のこの歌の「焦点」はどこにあるのか。これが定まってくると、全然歌の印象が違ってきますよね!そういう点から自作を改作してみると、

   7.いつだってこの日に帰ってこれるよう結婚指輪をメビウスの輪に☆
     
 7(改).いつだってこの日に帰ってこれるはず結婚指輪のメビウスの輪で

とすると、指輪にこめた“願い”がより強く感じられると思いませんか?感じませんか?そうですか……

もうひとつ改作。

   3.にいちゃんのあんどろいどはしゃべれませんひざまずき口はあけるくせにさ

 3(改).しゃべれないあんどろいどとにいちゃんはなかよしらしい夜のあいだは

どうでしょうか?にいちゃんとアンドロイドの関係に焦点を絞ってみました。まだまだ再考の余地はあると思いますが、当初よりはよくなって……ない?

最近、なんか歌がのっぺりしてるなぁ……と漠然と思っていたのですが、おかげさまで「焦点」という勇者のアイテムを手にしてパワーアップした感がする今日の僕でした(笑)斉藤真伸さん、ありがとうございました。

8.9.の歌は個人的に好きな歌なんですが、「焦点」がないから、他の人には“届かない”んですね……というわけで、閉じた世界で今日もおはよう!(c)2007 Ami Yoshida

そんなわけで、自作は単行本に掲載されるか分かりませんが(SF)短歌、楽しかったです。

Main

|
|

« “国際理解”短歌投稿しました(第4回中部大学国際理解短歌) | トップページ | <影>短歌 投稿しました(土曜の夜はケータイ短歌) »

コメント

こんにちは。
改作に取り組まれていて凄いですね!

今回は、てこなも3首でした。
みつあみの歌は、採られませんでした。
また頑張りま~す。

投稿: てこな | 2007年12月 6日 (木) 13時29分

自分は改作してますが、てこなさんは“佳作”でしたね!
おめでとうございます。

みつあみは自分の心のお気に入りにしておきますよ。
次回のお題でもがんばりましょうね。

投稿: 岡本雅哉 | 2007年12月 7日 (金) 01時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145038/17271182

この記事へのトラックバック一覧です: (SF)短歌 総評で採りあげていただきました(笹短歌ドットコム) :

« “国際理解”短歌投稿しました(第4回中部大学国際理解短歌) | トップページ | <影>短歌 投稿しました(土曜の夜はケータイ短歌) »