« 付け句「ライトノベル」短歌6(枡野浩一のかんたん短歌blog) | トップページ | <影>短歌 紹介されました(土曜の夜はケータイ短歌) »

[挨拶]短歌 投稿しました(かとちえの短歌教室)

 かとちえ”こと加藤千恵さんのかとちえの短歌教室に投稿しました。今回のテーマは[挨拶]でした。

 “入選、選外、交互の法則”が今回も発動し、残念ながら今回も気になった作品には選ばれませんでした。人妻にふられました。(おばか……)

今回の投稿作品は以下の2首です。


「挨拶は元気良く」教えた先生なのに最後小さくサヨナラ (岡本雅哉)

おはようと追い抜くミカの自転車を挨拶代わりに抜き返す僕 (岡本雅哉)


……もっとよい表現があるのでは、と思いつつ〆切がきて投稿してしまった。という感がする今回のテーマでした。特に先生とのお別れの歌はもうちょっとどうにかしたかったな自分。

 さて、まもなくトルコへと新婚旅行に行かれる加藤さんですが、お土産にはウール製品をお勧めいたします。
 
 大学時代に同じゼミの女子からお土産にもらったグリーンのアーガイル模様の靴下が、とても肌触りがよくって愛用してました。その子とはたぶん両想いだったのですが、タイミングが合わずにおつきあいすることなく卒業してしまったのですが、まったく関係なくてスミマセン。トルコからは他にも、カシミヤ、アンゴラやアルパカも多く輸出されているみたいです。ストールやマフラーなどもよろしいのではないでしょうか。

 それから、宇都宮敦さんの連作といえば、『東京がどんな街かいつかだれかに訊かれることがあったら、夏になると毎週末かならずどこかの水辺で花火大会のある街だと答えよう』が大好きですね。タイトルからして「やられた!」と思いましたからね、自分の中では『メリーゴーラウンドに乗ってる君のことが好きだよ』以来の衝撃の好タイトルでしたね……

また、その中の歌がいいんですよね。特に女子を詠ったものが……

ブラひもがみえることとか そのひもがみせるためのであることとか
ポケットのたくさんついた服が好きでしょ って勝手に決めつけられる
君は僕のとなりで僕に関係ないことで泣く いいにおいをさせて

“いいにおいをさせて”の歌なんて愛らしくて狂い死にしそうです……えー、なにか自分が紹介しますと下品になっちゃうのでこのへんにしておきます。

さて、次なるテーマですが。[偶然]。うう、直球っぽい発想しか出てこない……

加藤さんからのアドバイスは、

難しいテーマかもしれないですが。
偶然を感じさせるあらゆるシチュエーションを描いたもの、
あるいは偶然という言葉をそのまま使ったもの、
などなど、お待ちしております。

ということです。

オヤジ力男子力200%でがんばりたいと思います。

募集要項は、
 ○一人2首以内
 ○テーマ記載の上、ペンネームがある場合はペンネームも添えて以下のあて先までメール送付。
   → tanka_57577@3anet.co.jp(第二出版部かとちえ短歌教室係)
   ※アドレスの「@」は半角に修正
 ○応募締め切り:12月10日

82a982c682bf82a692z89cc8bb38eba

|
|

« 付け句「ライトノベル」短歌6(枡野浩一のかんたん短歌blog) | トップページ | <影>短歌 紹介されました(土曜の夜はケータイ短歌) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145038/17081032

この記事へのトラックバック一覧です: [挨拶]短歌 投稿しました(かとちえの短歌教室):

« 付け句「ライトノベル」短歌6(枡野浩一のかんたん短歌blog) | トップページ | <影>短歌 紹介されました(土曜の夜はケータイ短歌) »