« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

第一回データ復旧センター川柳コンテスト 優秀作品発表

株式会社データ復旧センター主催の「第一回データ復旧センター川柳コンテスト」の入選作品が発表になりました。こちらのコンテストは選者に笹公人さんが起用されたため、自分も作品を投稿してみました。

投稿した以下の3句のうち、☆☆が佳作に入選いたしました。☆はこちらのページで【6月2日のピックアップ作品】に取り上げられておりましたが最終的には選外となりました。


お願いだ 上司の記憶も 消えてくれ (岡本雅哉)

信頼も データと一緒に 回復だ (岡本雅哉) ☆☆

いただいたコメント
データが戻って「ホッ」とする一瞬。よくよく納得できる作品ですね。

エリートが デリートされて 今ニート (岡本雅哉) ☆

いただいたコメント
面白いです!リズミカルに踏まれる韻が印象的でした。


最初は☆の句のみ思いつき、「コレはいいぞ!」と思ったのですが、コンテストの性格を考えて「もっとポジティブなものを考えよう!」と思って☆☆に句を詠みました。読みが当たりました(笑)というか、ついつい毒のあるものを詠みたくなるんですよね自分……ですから、これは自分の欠点をありのままに見つめたがゆえの受賞であるといわせていただきます。(ていうか単なるラッキーでしょ)

自分以外の作品では、

「お気の毒」 言いつつライバル 目が笑う

が「うまい!」と思いましたが、やはりブラックな笑いは優秀作品には厳しかったのでしょうかね。すごい良い目の付け所だと関心しましたが。

佳作は図書券千円分もらえるみたいでうれしいです!これは笹師範の本を購入させていただこうっと。
もし最優秀賞・優秀賞になったら、その賞金でいきなりアクセスランプつきっぱなしになってしまったバッ○ァローのハードディスクを復旧していただこうかと思ったのですが、自腹でおねがいしてみようかな。これも何かの縁かと思いますので。

久しぶりに川柳を詠み、いい気分転換になりました。来年も同様の機会があれば、また挑戦させていただきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「打ち上げ花火」短歌

終えたのち透る空気と静けさを味わうためか打ち上げ花火 (岡本雅哉)


……打ち上げ花火って、終わったあとの余韻がたまらなくいいですよね。なんか流れで河原にいって語りに入ったり、24時間やってるファミレスで氷食べたり……ところが故郷の花火大会は近年、秋の開催に変更になってしまいました。野球場の芝生の外野席にねっころがって見上げるなんてことも、もうできないんだなぁ。切ねぇ。

追記
やっぱり夏に戻ったって!やったぁ~♪

枡野浩一のかんたん短歌blogに投稿しています

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

“バーゲンセール”短歌

「バーゲンセール」


力づくお目当ての品奪う君 見た僕は手をつなぐこわごわ (岡本雅哉)

妥協してこんなのにして損したと僕を見ながら嘆くのはなぜ?

ワンサイズ小さかったと怒るキミ 人間的に大きくなれよ(笑)

翌日の通勤電車でだだかぶり お互い様だろ凹んでるのは

セール前きみが感じるワクワクをぼくも感じるデート前日


朱雀式の桜木朱雀さんの7月1日の記事“男性のファッションは高い”にコメントしたものです。

それにしても朱雀さん、ヴァイタリティ高すぎる!
日々更新。見習わねば……

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

[空]短歌 紹介されました

 先ごろめでたくご結婚されました、“かとちえ”こと加藤千恵さんのかとちえの短歌教室に投稿した歌のうち、☆の短歌が気になった作品として紹介されました。どうもありがとうございました、といいますか遅ればせながらご結婚おめでとうございます。実は自分もこの5月に結婚したんですよぉ~、お互い幸せな家庭を築いていきたいものですねっ!(一方的な共感)
 “気になった作品”って言い方が良いですよね~!人妻に“気になった”と言われるとふしぎと嬉しいですね(笑)


☆きみのいう“空”はいつでも青空で “女”といえばわたしではない (岡本雅哉)

あう服もないのに買った空色のTシャツ1枚 夏の冒険 (岡本雅哉)


加藤さんより以下のコメントをいただきました。
 

空と女の対比、出し方におもしろさを感じました。
 切ない内容ですが、どこかしらユーモアも含んでいて、
 じんわりとくる歌だと思います。
 惜しいのは、空「は」、女「といえば」、が統一されていないところでしょうか。

 そこかぁ~!そこだったんかぁ~!ありがとうございます。素直な僕はさっそく直してみましたよ。
 
☆’きみのいう“空”はいつでも青空で “女”はいつもわたしではない (岡本雅哉)

 いいんじゃないでしょうか……もたついた感がなくなってすっきりしたのとともに、主人公のがっかり感が増した気がしますね!するどいご指摘ありがとうございます、さすが人妻ですね!(関連性なし)

 実をいうと、[空]テーマではこのほか2首詠んで見たんですよ。完成度からいうとちょっと劣ったかなと思いましたので今回は投稿は控えましたが、せっかくなのでアップしておこう。


×「空手家の五分の一はその昔いじめられっ子」と倍達語る

×空耳とわかっていても嬉しくてテレビを消して眠る今夜は


 そして、次回のテーマですが、[楽器]ということだそうです。回を重ねる毎に投稿数も増えてきているみたいですが、がんばって挑戦してみよう。以下加藤さんのコメント。

楽器という言葉そのものを使っている歌、
ピアノ・トランペット・テルミンなど、特定の楽器がテーマとなっている歌など、
楽器をイメージさせるものであればなんでも。

 募集要項は、
 ○一人2首以内
 ○テーマ記載の上、ペンネームがある場合はペンネームも添えて以下のあて先までメール送付。
   → tanka_57577@3anet.co.jp(第二出版部かとちえ短歌教室係)
   ※アドレスの「@」は半角に修正
 ○応募締め切り:8月10日

82a982c682bf82a692z89cc8bb38eba

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

「EMIN∃M(エミネム)」短歌

“エミネム”はねむりたがりやのエミのこと ライトノベルじゃよくある話 (岡本雅哉)


……こういうむりやりな設定のあだ名の友人が、脇役として必ず登場しますよね。


枡野浩一のかんたん短歌blogに投稿しています

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

(都市伝説)短歌 総評・優秀作品発表!!

笹短歌ドットコムに以下10首を投稿しました。
今回のお題は(都市伝説)でした。

その中で☆の歌を総評に選んでいただきました。
また、唯一「おもしろい。」とのコメントをいただけた☆☆の歌が今ブログに投稿し始めてからはじめて優秀作品に選ばれ、“佳作”として取り上げていただきました。


1.それを見た人はみな死ぬイマドキの口裂け女はラメ入りルージュ☆

2.KAT-TUNのファン特典のペンセットいつもケースをはみ出す赤が

3.父いわく「貞子が写る……」ラベルなきビデオ見る母泣いて止める子

4.販売が中止以前のPASMOならアンドロメダまでいけちゃうらしい

5.白鵬に朝青龍から乗り移りおとなしくなったらしいミギーは

6.宇宙人いつもうちの子さらっては記憶消してくテスト前日☆☆

7.口元にヨダレの田原総一郎ドッグフードのCMのあと

8.凶刃の襲来恐れかまいたちさえ姿消す都市の暗闇☆

9.大都市の地下深く棲む大鰐の腹の時計を聞く者 ニート

10.赤外線センサーで点く明かり避け花子は潜む用具置き場に☆

 <改作>
3.父いわく「貞子が写る……」ラベルなきビデオを母は恐れぬ不思議


今回のテーマは改作した3.の歌がはじめにできたのですが、父さんの秘蔵のビデオ(R18)をめぐるお母さんと子どもの対応の違いについて詠んでみようと思いついたものの消化不良のアイデア倒れで終わってしまいました。
……しかし、息抜きに作ったほかの歌の出来が案外よく、久々に歌を詠む喜びにあふれた毎日を過ごさせていただきました。
(都市伝説)という笹師範ならではのテーマで、何より短歌の“おもしろさ”を日々追求されている師範に「おもしろい。」といっていただいたことは大変励みになりました!日々ご多忙の中のご選考に大変頭が下がる思いで一杯ですが、とにかく無駄撃ちだけは避けていきたいと思う今日この頃です。
次回からは斉藤真伸さんという若手歌人が助っ人として加わってくださるそうですが、この方、

あの娘の小ぶりの胸を思い出すジョゼは魚だジョゼは魚だ

と、池脇千鶴ファンの自分にとってはたまらない歌を詠んでいらっしゃるみたいです。この歌の着想はおそらくこの映画でしょう……フフフッ
追記
これからもマニアックなテーマでの出題を強く希望いたします(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

<走る>短歌投稿しました

以下の歌を、土曜の夜はケータイ短歌に投稿しました。6月のテーマは<走る>でしたが、筆が走らない、走らない(笑)
当然のごとく、選外の結果となってしまいました。


乱暴にDNAをたどる旅 螺旋階段駆けあがる時

血走った目で叫ばれる“好きです!”に強要罪は適用可能?


最初の歌は結構好きなんですけどね、自分でも。
理性すっ飛ばして階段で追いかけっこしてると、何か原始的な衝動が駆け上がってきませんか?
きませんか。そうですか。なら仕方ないですね。

二つ目は妄想です。自分は、そうなる前に全ての危機は回避してきました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »