« “さよなら銀河鉄道999”短歌 | トップページ | ☆恋人☆短歌 »

(春)短歌

笹短歌ドットコム
4月のお題は(春)でした。

のですが!うっかり投稿し忘れて寝ちゃいました……(涙)
せっかくなので、ブログにアップします。前回の選外に続き、この体たらく……トホホです……


春風にルララと名付けじゃれている少女の腕はしなる眩しく (岡本雅哉)

まどろんで電車に揺られ春の海着いたころには帰りたいのに

☆放課後の紫煙で笑顔くすみ ああ 愛も変わった小春日和に

「会いたい」のメールに「ぃぃよ☆」それなのに姿も見せずサクラ散るとは

シナプスの隅々までも覚醒す春の潮に足を浸して

カエラ似のおしゃれ少女がさざめいて春画眺めるアートギャラリー

機械的単純作業は退屈で暴走しそう もうHALだから

“好きだから”“お願いだから”“マジだから”やめてくれない?もう春だから

☆=辻希美ちゃんの元相方に捧ぐ

|
|

« “さよなら銀河鉄道999”短歌 | トップページ | ☆恋人☆短歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145038/14912656

この記事へのトラックバック一覧です: (春)短歌:

« “さよなら銀河鉄道999”短歌 | トップページ | ☆恋人☆短歌 »