« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

“メッセージ(ジジネタンカ)”短歌

「モーニング娘。」

ムスメならラストは笑顔でマルなんです。そして新しい朝がくるんです(岡本雅哉)

……よっすぃー卒業に関して。ううっ……(涙)

「守護神」

本当に守りたいもの別にある彼女が去った無人のゴール(岡本雅哉)

……ガッタスのファン・デル・サールが卒業。彼女の不在は痛かった。おなかの中の子を大事にね。

「愛知立てこもり事件」

ありがとう?誰に向かっていってるの?守りたいって?誰のことをさ?(岡本雅哉)

……無念。


朱雀式の桜木朱雀さんの記事にコメントしたものです。
不思議なことに、彼のアップする記事には自然と歌を詠みたくなるんですよね……。
一応、交流の記録として残しておこうと思いました(別にホモとかじゃありません)。

追記
“ジジネタンカ”は笹公人さんのお造りになったことばです。読んで字のごとく、時事ネタ+短歌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Technorati.jpに登録してみた

 Technorati.jpは、1,000万のブログ更新情報と11億のリンク情報を有するという米国のブログ検索ポータル「Technorati.com」の日本語版サイトだそうです。ログを見ていたら、こちらから飛んできていただいた方がいらっしゃって、思わず登録してしまいました。

なにやら登録には、ブログに記事をアップしなければならないそうなので、この記事をアップしました。みもふたもない。プロフィールに使っている画像Photo朱雀式のこの記事で教えていただいたフラッシュで作成いたしました。

テクノラティプロフィール

Masthead


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

<企画・「同じ音ではじまる5・7・5・7・7」>短歌

 以下の歌を、土曜の夜はケータイ短歌に投稿しました。5月12日の放送にはなりませんでした。
 今回は、5・7・5・7・7の句のそれぞれが同じ音で始まるというオモシロ企画。楽しく詠ませていただいたのですが……


“い” いいオトコ
    イヤミなくらい
    イケメンで
    いけすかないから
    イヤになったの

“ま” 正夢か!
    まさかと思い
    また寝たら
    また同じ夢
    マジで正夢!

“こ” コスプレと
    濃い目の化粧で
    ごまかした
    婚約相手は
    コレで落とした


 今回、なかなかよかったんじゃないか?とほくそ笑んでいたんですが、ぜんぜんかすりもしなかったね。
 「土曜の夜はケータイ短歌」、ぎりぎりの投稿だともしかしたら選外になるのではないかと思い始めています。以前一月間通しのテーマだったときに、木曜日に投稿した歌が翌週の土曜日の放送にて紹介されるということがあったので……疑心暗鬼。本番組に関しては以前、枡野浩一さんがこんなことをブログでおっしゃっていたのでそれ以来あまり熱くなれなくなってしまった自分がいます。
 加藤千恵さん、笹公人さん、穂村弘さんがゲストで出演しているから大丈夫だとは思うんですが。でもせっかく投稿しているからには、選者の方には届いて欲しいものですね。


 ギャラリーが見てるときだけうたうのはあざとい だけどひとりもやだな (岡本雅哉)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

“My Little Lover”短歌

「君と好きな人が百年つづきますように」 祈りはもう響かない (岡本雅哉)

今はもうできないみたい“もらい泣き” 笑い声ばかりやけに響いて

揺れていた白いカイトが離れてく ダンスしてるよ他の誰かと

"My Little Lover"の意味は変わっても 歌っていくのか君はその名で

でもきっと記憶の中で生きてける二人じゃなくて家族四人で

空までも伸びる彼女の歌声も もはや君には届かないのか


……akkoファンの私には今回の件は残念でした。
部外者ですが、全くもっての外野の補欠ですが、というかスタンド席の端っこの端っこですが、彼女の今後の活躍を期待し、応援しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

[母]短歌 投稿しました

“かとちえ”こと加藤千恵さんのかとちえの短歌教室に投稿しました。今回のテーマは[母]でしたが、気になった作品には選ばれませんでした。
しかし、まじめな加藤さんですからおそらく目は通してもらって下さっているかと思います。
次回は加藤さんの心のアンテナに引っかかるようがんばりたいと思います。


なりたくてなれない私 なりたくもないのになった友が励ます (岡本雅哉)

年下に母性本能くすぐられ優しくしてやりゃ「オバン臭い」か?! (岡本雅哉)


 こうやってふりかえってみると、面白みにかける気がしますね。

 はじめの歌は“不妊症”の話を聞いたのがきっかけで、最近の風潮である(ex.つじじ)の“でき婚”と組み合わせて詠んで見ました。が。ちょっと救いようのない感じになってしまいましたね……反省。
 こうして見ると、次の歌も直球すぎる気がしますね……初期衝動だけでつくっている(笑)私はサルか?!

 次回のテーマは[空]。最近ようやく仕事も落ち着いたので、腰を落ち着けてつくってみようかな。
 加藤さんのコメントは、

青空など、ストレートなものはもちろん、
空腹や空っぽといったように、空という言葉が入っているものであれば、
問題ありません。
あるいは言葉そのものは入っていなくても、空を喚起させるようなものであれば。
楽しみにお待ちしています。

 さあ、みんなで投稿しよう!

 募集要項は、
 ○一人2首以内
 ○テーマ記載の上、ペンネームがある場合はペンネームも添えて以下のあて先までメール送付。
   → tanka_57577@3anet.co.jp(第二出版部かとちえ短歌教室係)
   ※アドレスの「@」は半角に修正
 ○応募締め切り:6月10日

82a982c682bf82a692z89cc8bb38eba

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

☆恋人☆短歌

恋人はみんながいうよにちょっとデブえっちのときには気持ちいんだぜ (岡本雅哉)

恋人の浮気なココロを読む私エスパー魔美だし魔美余計だし

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

(春)短歌

笹短歌ドットコム
4月のお題は(春)でした。

のですが!うっかり投稿し忘れて寝ちゃいました……(涙)
せっかくなので、ブログにアップします。前回の選外に続き、この体たらく……トホホです……


春風にルララと名付けじゃれている少女の腕はしなる眩しく (岡本雅哉)

まどろんで電車に揺られ春の海着いたころには帰りたいのに

☆放課後の紫煙で笑顔くすみ ああ 愛も変わった小春日和に

「会いたい」のメールに「ぃぃよ☆」それなのに姿も見せずサクラ散るとは

シナプスの隅々までも覚醒す春の潮に足を浸して

カエラ似のおしゃれ少女がさざめいて春画眺めるアートギャラリー

機械的単純作業は退屈で暴走しそう もうHALだから

“好きだから”“お願いだから”“マジだから”やめてくれない?もう春だから

☆=辻希美ちゃんの元相方に捧ぐ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »