« (酒)短歌5 | トップページ | <重ねる>短歌 »

(酒)短歌6

笹短歌ドットコムに投稿しています

月イチのあの日になるとブラッディーマリー飲むのはやめて下さい

ご主人のシャツにカシスをこぼしたの私その他も紅くしたけど

アル中で逝ったオヤジの赤ら顔夕日に染まる墓石に浮かぶ☆

花見酒檜の枡に大吟醸花びら浮かべ言う事はなし☆

岡本雅哉

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

笹短歌ドットコム 酒 総評その2 にて☆の歌を取り上げていただきました。ありがとうございました。

“酒”という題は下戸の自分には難しかったのですが、何とか空想の世界に想いを馳せて詠んでみました。
選外の歌に関しては、自分ではよい着想ではなかろうか、と思ったものもあったのですが、少々消化不良に終わってしまった感がありますね。そのなかでも今回の2つは情景がすっと頭に浮かぶものに仕上がったかなと思いました。

笹師範のご指導を常に忘れず、さらに精進してまいります。

岡井隆先生のお言葉を借りると、

「詩歌は、いわばこの紋切り型の日常語から断絶した世界なのです。
手あかのついていない、自分だけのことばを探して歩く作業なのです。」

ということです。
この言葉に言い尽くされています。

詩歌への道は遠く厳しい。
がんばりましょう!

|
|

« (酒)短歌5 | トップページ | <重ねる>短歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145038/11584476

この記事へのトラックバック一覧です: (酒)短歌6:

« (酒)短歌5 | トップページ | <重ねる>短歌 »