« (酒)短歌3 | トップページ | (酒)短歌5 »

(酒)短歌4

笹短歌ドットコムに投稿しています

躊躇いに躊躇いを経た十六夜に月が語らう ゐざ酔いたまゑ

雰囲気で酔っているのかこの人に酔っているのかわからずもよい

忘れ得じ我遭難すアルプスの救いの犬の樽酒の美味

愛猫の死に漱石が涙酒 いわく「我輩は下戸である……」

ヘミングウェイ、エコ団体に抗議さる 「コロナビールにライム入れるな!」

岡本雅哉

|
|

« (酒)短歌3 | トップページ | (酒)短歌5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145038/11541821

この記事へのトラックバック一覧です: (酒)短歌4:

« (酒)短歌3 | トップページ | (酒)短歌5 »