« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

“mixi”短歌

mixiで勇気を持って初カキコ!したら相手が翌日退会 (実話です)

……正直へこみました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

(ジジネタンカ)短歌2

笹短歌ドットコムに投稿しています

“ゴールデンボールズ”ならば解散はまぬがれなかった夢の球団

くまぇりに放火されずにすんだけど曜子がハートに火をつけやがる!

岡本雅哉

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

(シモネタンカ)短歌2

笹短歌ドットコムに投稿しています

「発音が悪い」と連呼させられて美少女が頬赤らめる「six…」

デート中お化け屋敷で出会うのはバケモノじゃなくケダモノなカレ

彼女には飲みきれないからコーラL買って奪った間接キッス

岡本雅哉

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

アウト(魚介類)短歌

笹短歌ドットコムに投稿していません。(今回は)

不倫したバツイチ男の待ち受けは大人にならないバツノオトシゴ

ピノキオがわざと飲まれて旅をするトウメイクジラの胃袋の中

岡本雅哉

……投稿期限に間に合いませんでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

負け惜しみ「お別れ」短歌

下からは涙見えない屋上で去りゆく師匠の背中見えない (岡本雅哉)

……すみませんね、ひねくれていて(笑)

枡野さんと直接面識はなく。他の投稿者の方と交流が在ったわけではなかったので、“和菓子のためなら”の存在をつい最近知りました。

でもねぇ、なんか実際顔を合わせてしまったら、泣いてしまいそうだし、誘われたとしても行かなかったよ絶対。自分勤務地は渋谷っていうよりも表参道だし、結構渋谷って若い人がいっぱいいてごちゃごちゃしていてみんな色気づきすぎてて香水くさくってガキの街って感じだし今更この歳で渋谷はないって感じだよね。むしろその場にいなくて良かった気がするよ!みんな、うらやましいぜ!グッジョブ!……

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

(魚介類)短歌5

笹短歌ドットコムに投稿しています

アロワナの水槽眺め思い出す妻に出会った頃のあのワナ

ギャル服の派手な魚のプリントはあれは絶対チョー!チョー!ウオだ

夕暮れのトウキョウ散歩する我に火照ったトウメイクラゲ纏わる

岡本雅哉

……笹師範のアドバイスに従って、架空の生物つくってみましたが難しかった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

(魚介類)短歌4

笹短歌ドットコムに投稿しています

泣きすがるヤドカリ無慈悲にぶっこ抜き貝殻覗けば我が深き闇

サンシャインたんこぶだらけのマンボウを前に緩んだ拳固める☆

夏休み姪っ子の描く絵日記にプリキュアカラーのお魚泳ぐ☆

カリブ沖ブルーマーリン喰らい付くマニー・ラミレスのホームランボール

岡本雅哉

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

笹短歌ドットコム総評その2にて☆の歌を取り上げていただきました。ありがとうございました。

選ばれる歌は、自分的にもすんなりとイメージできるものが多い気がします。
コンセプトがあったけど、頭でっかちなものはたいていアウトな気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

忍☆短歌

隠れ住む里は秘境か深山か……もしや僕らの心の中か! (岡本雅哉)

……追っ手を逃れて息を潜めている忍びに贈る。隠れ里へのお導きに感謝!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

(魚介類)短歌3

笹短歌ドットコムに投稿しています

「テメなんでそんなことする!?」最高級鮪テレビでやおらお茶漬け

裏切ったオンナの穴という穴にクサヤを詰めてマジで火あぶり

メガマウス級に大口叩いたら赤っ恥かき眼がマウス級

イモガイにデンキナマズにシビレエイ、カツオノエボシより彼女ビビッ!!

岡本雅哉

…… テレビ・テレビ番組 優秀作品発表! にて笹師範よりいただいたコメントを念頭に置き、自分なりに狂ってみました。


>「こいつイっちゃってるよ!!」と思われるくらいの
>暴れ歌が欲しいです。
>プライベートでは絶対この作者とは会いたくない!
>と思わせるくらいのヤバ歌も歓迎です。

ちょっと自分の思いがけない一面を垣間見てしまった気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

(魚介類)短歌2

笹短歌ドットコムに投稿しています

深海を潜行するは叶美香ほの蒼き胸ゆらり点滅☆

ダツの群れイナバウアーでかわす君 キアヌと見紛い心乱され

ルンルンで釣りより帰った我が夫アユの香りはゴーストなのね

岡本雅哉

……ゴースト(GHOST)。レディスフレグランスに詳しい方ならわかるでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

笹短歌ドットコム総評その2にて☆の歌にご講評いただきました。ありがとうございました。

>何が入っているのカナ?

恐らく知った人は深海深く引き込まれて、二度とその姿を見かけることはないといわれております(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

未練の「カフェ」短歌

夏カフェや痴話者どもが夢の跡落ちたレシート拾う者なし (岡本雅哉)

……「カフェ」短歌、結局選外で終わったので未練がましく投稿してみました。というか、某カフェで見た光景がすさまじかったので(笑)

自分が投稿に踏み切らない原因として、「もう、枡野さんにつっこみいれてもらえないのか…ふぅ」というのが大きいと思います。他の人は分かりませんが、自分はそうです。

しかし、見てもらっているんですね。それが分かっただけでも、今後何か思いついたらトラックバックしようと思いました。その時は、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

(魚介類)短歌

笹短歌ドットコムに投稿しています

この足が黒きそのイガ踏み抜くもキライになれない金色の粒

荒磯や波からあがるその足に絡む玉藻に覗く白い眼

蒲鉾を5ミリちょっとでスライスしくちびるで食む君の耳朶(みみたぶ)

岡本雅哉

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

(ジジネタンカ)短歌

笹短歌ドットコムに投稿しています

肉親を拉致さる家族に会いもせず!怒るエルビス憑く小泉に

物言わぬ国の首相は見くびらるらいおんハートにあらずチキンと

払う手も持たずに平和願う国ふりかかる火の粉手加減はなし

伊太利屋の球がゴールに刺さる時日本に向けて放たるる弾丸(たま)

歴史的平壌宣言虚しくす退任前の北の祝砲

岡本雅哉

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

(ベタンカ)短歌

笹短歌ドットコムに投稿しています

くせっ毛でそばかすいっぱい太っちょの外人の子の名といえばボブ

袋小路追い詰められて乗り越えた壁の向こうの犬が尻咬み

カフェバーのジュークボックスもたれてる不良(わる)が着こなす袖なしジージャン☆

聞き込みの刑事(デカ)去った後老人のマスクベリリと剥げば犯人

突然の追跡(チェイス)に車取られるは男いっしょに乗るのは美人

スパイにはインポッシブルがただひとつ「謎の女と恋に落ちない」

事件終え事後調査まさに始まるもヒーロー平気でバカンスにいく

岡本雅哉

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

笹公人の『念力ポッド倶楽部』念力会 第2回 09月04日(月) 更新 にて☆の歌を取り上げていただきました。ありがとうございました。

いやー、投稿したのがかなり前だったのでびっくりでした!今回のベタンカは“アメリカ映画・ドラマ特集”なのですが、☆の歌のイメージは「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のビフです(笑)。けっこう自信作ぞろいだったので、採用していただいて大変うれしいです!

今後ともよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

中田選手の引退によせて

お気に入りのサイト、アイデアル・スタンプ・モンタージュのコンテンツ、その日暮らし~dayly blog~2006.07.04のコラム、“中田英寿、現役引退について、最後のあれこれ”にコメントしようとしましたが、“禁止キーワードが含まれています”とのことでコメントできませんでしたので、こちらからトラックバックします。

******************************************************************

今回のnakata.netでの中田選手の引退表明を見て、ふと思い出したことがありましたので。

平成10年のビックコミックスピリッツの中で、漫画家の現代洋子氏がゲストのお気に入りのお店で食事をしつつインタビューを行い、終了後ジャンケンで負けたほうが自腹でお代を払うという“おごってジャンケン隊”という企画がありました。ベルマーレ平塚で中田選手の元同僚だった都並敏史選手のゲストの回で、彼が中田選手について言っていた言葉を思い出しました。

当時すでに孤高の存在、クールなイメージが出来上がっていた中田選手に対し彼は、「あいつ、黙ってるのがカッコいいと思ってるんだよなー」とみもふたもないことをぶっちゃけ、“うわぁー”(そんなこと言っちゃってるよ~)と現代氏と担当の八巻氏が動揺するのを尻目に、「でもよく話すし、しゃべるといいやつだよ」とにこやかに語っている場面があったのでした。

日本代表の中に、都並選手のように中田選手に「スカしてんなよー、ホントはサッカー大好きのくせに」と突っ込み入れられる存在、無邪気に彼の心の中へズカズカと踏み込んでいける存在がいれば、ここまで自分を追い込むことなく、“純粋にサッカーが好きな、山梨出身の小生意気クン”としてのびのびとプレー出来たのかな……なんて思いました。

~代表合宿初日~
「テレビ見ましたよヒデさん、何すかあのマフラーは?長すぎますって!」
「Dior Hommeのだよ!お前に説明しても無駄だろうけどな!」
「ディオール・ホモ?」
「オムだよ、オム!!」
とかいっちゃって。

でも、それはムリな話ですよね。年齢的にも、立場的にも、自分が引っ張ってく立場になっちゃったんですもん。

インタビューにしても、引退にしても、サッカーのプレイ以外はホントに不器用なやっちゃ。だから好きなんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

(シモネタンカ)短歌

笹短歌ドットコムに投稿しています

<シモネタンカ>祝 復活!(眞鍋かをりさんも復活希望)

お辞儀して謝るキミの胸元につられてボクもつい前かがみ

気づいたのキミがおごってくれるのはいつも融けかけアイススティック

目をつぶり「見てる」と言い張るシャラポアの試合右手がなぜかズボンに……

岡本雅哉

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »