« 「お別れ」短歌3 | トップページ | 「お別れ」短歌4 »

(「テレビ・テレビ番組」)短歌

笹短歌ドットコムに投稿しています

奥さんはいるかと声をかけ入る部屋で必ず事件は起こる☆☆

緑山に城がそびえたあの頃は「殿」のあだ名にふさわしき男

ドアを締めカギを確認テレビつけ布団をかぶりジェイソンを待つ☆

岡本雅哉

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

笹短歌ドットコム総評その1にてご講評いただきました。ありがとうございました。

そのうち☆☆の短歌には、

>これは「ベタンカ」ですね。

とのコメントが。

はて?ベタンカってなんだろうと思い、過去ログをおさらいしてみました。
どうやら“ベタ”な状況を“ベタ”に詠った短歌のようです。

これでようやく市原悦子に顔向けできるってものです。
ちなみに僕は、よくモノマネします。

……家政婦。女主人不在を知った上で部屋を覗き込みながら
「奥さ~ん?いらっしゃいますかぁ~?」
「いらっしゃいませんのね~?入りますよ~?」
……女主人のドレッサーのところで
「あら?」
……カメラが引き出しをクローズアップ!
「手紙だわ……」
……なぜか手に取る家政婦。

うーん。ベタだ。

|
|

« 「お別れ」短歌3 | トップページ | 「お別れ」短歌4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145038/10429879

この記事へのトラックバック一覧です: (「テレビ・テレビ番組」)短歌:

« 「お別れ」短歌3 | トップページ | 「お別れ」短歌4 »