« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

「素敵なおしまい」短歌

ありがとうだけじゃ言い表せないことも全部含めて言うよありがとう (岡本雅哉)

……このブログをはじめるきっかけとなった“枡野浩一のかんたん短歌blog”が本日を持って終了となりました。選者の枡野浩一さんに感謝の気持ちをこめて詠ませていただきました。

惜しむらくは、最後に評をいただくことが叶いませんでした……八月半ばの仕事を待ちつつ、さらに精進を重ねていきたいと思います。

長くて短い不思議な時間をありがとうございました。
本当に、おつかれさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

(「テレビ・テレビ番組」)短歌5

笹短歌ドットコムに投稿しています

浮かばれぬ罪なき母子の弔いにようやく救い見えた光市

亡くなった娘の道連れ願いたる母も呑まれしその濁流に☆

今日もまた静かな山村変貌すリンチによりツインピークスと

岡本雅哉

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

笹短歌ドットコム総評その2にてご講評いただきました。ありがとうございました。

今回のコメント拝受は☆の歌です。

なんと!今回はとっても嬉しいことに、笹師範とカンタ君の掛け合いの中でのお褒めを賜りました!

>時事詠ですね。(笹師範)

>「ジジネタンカ」ではなく?(カンタ君、画つき!)

>「ジジネタンカ」といったら不謹慎になるような
迫力を持っています。(師範)

今回の三つの歌に関しては、意欲作というかあえて思い切って世の中の闇と思われる領域を詠んだものだったので、“迫力がある”と言っていただけて大変うれしく思います。ふざけた印象を与えないということを自分なりに考えました。

今後、さらにスケールの大きい歌を詠んでいきたいと思います。

とかいって次はシモネタンカです〈笑〉

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

<折句に挑戦!「雨模様」>短歌3

土曜の夜はケータイ短歌に投稿しています。

あ あ・い・し・て・る
め 目で殺されて
も もうアカン!
よ 夜もドキドキ
う 浮かれてる日々

東京
岡本雅哉

恋のはじめのドキドキ感を詠んでみました!照れます……

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

<折句に挑戦!「雨模様」>短歌2

土曜の夜はケータイ短歌に投稿しています。

あ 編みぐるみ
め 目鼻の位置が
も もうひとつ
よ よくみりゃそれも
う うーんカワイイ!

東京
岡本雅哉

子どものころ、ずーっと手放さなかったグレーの熊の編みぐるみ。いつも僕と一緒に写真に写ってたけど、どこにいっちゃったのかな……

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

<折句に挑戦!「雨模様」>短歌

土曜の夜はケータイ短歌に投稿しています。

あ あのコより
め 目立ってやろう
も 燃えてきた!
よ よきライバルと
う 海でバトルだ!

東京
岡本雅哉

他のコと張り合うと女の子って燃えますよねー。
水着とかがんばってくれるんでうれしいんですけど(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

(「テレビ・テレビ番組」)短歌4

笹短歌ドットコムに投稿しています

道徳でスクールウォーズのV(ブイ)流し寝てる教師が僕らのヒーロー

ヤンキーにからまれ思うこんな時白馬の少女が来てくれたなら

努力家で涙もろくて正義感強い人程早く逝く運命(さだめ)

スタンドで見守る遺影の数こそが何より確かな勝者の証(あかし)

「悔しいです!」泣きじゃくってたミツオの画(え)ドイツのピッチに今蘇り

試合後のロッカールームでセンセイに殴って欲しいジーコジャパンを

ノーサイド告げる笛の音(ね)響く時親父とオレの仲もノーサイド

岡本雅哉

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

(「テレビ・テレビ番組」)短歌3

笹短歌ドットコムに投稿しています

夏男といえばTUBEorサザン?わたしにとっては稲川淳二

昼下がりサイコロで出た恋バナに聞き入る母に少女かいま見

夕涼み再放送のドラマ見て話題に追いつくハブられた子が

ことごとくヤラセにみえるあいのりで真実キラリ☆ウェンツの涙

シモネタに激しく笑う愛娘目をそらす父子離れ誓う

名の通りいろいろあればいいのにな・・・・・・どれも同じに見えるバラエティ☆

岡本雅哉

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

笹短歌ドットコム総評その2にてご講評いただきました。ありがとうございました。

今回笹師範からのコメントは☆の短歌のみでした。

>さりげなくテレビを批判している歌。

との仰せをいただきました。この歌は自然と思い浮かんだものですが、その素直さがよかったのかなと思います。今後とも素直におもしろく詠んでいけたらと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「お別れ」短歌5

ぎこちなく消して汚れた跡見ても微笑むことができるお別れ (岡本雅哉)

……自分なりに返歌をつくってみました。不器用な全ての人に捧げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

(「テレビ・テレビ番組」)短歌2

笹短歌ドットコムに投稿しています

ショボかった先輩でさえねるとんの「ごめんなさい…」で伝説になる

妻子からチャンネル我が手に取り返すそれがおいらのプロジェクトX

負け犬がはまるトラベルミステリー愛とか恋とか網棚にのせ☆

子どもたち夢中な戦隊モノだけど変身前こそママにはヒーロー☆☆

~クイズ番組編~

「ハイ消えた!」平手で叩かれいつまでもステップアップできないわたし☆

その口で煽りその目で威圧してそれがアンタのファイナルアンサー?☆

100人に聞こう「チャンスが僕にある?」「あるー、あるー!」なら告白の決意

こつこつと正解重ね上り詰め、ぐるぐる回って落ちて見せしめ☆

野々村のようにいじってほしいのに草野のごとく仕切っちゃうオレ

岡本雅哉

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

笹短歌ドットコム総評その1にてご講評いただきました。ありがとうございました。

そのうち☆☆の短歌には、

>たしかに。

とおうなずきいただけたみたいです。よかったよかった!

もうちょっとひねりたいなぁとは思いますが、ひねるとかえって悪くなってしまう気がします。
今後の課題です。

自分的には、“負け犬~”がお気に入りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「お別れ」短歌4

さよならを口にしづらくなったときどうしていつもくるのお別れ (岡本雅哉)

……本当に不思議。昔は自然に言えたのにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

(「テレビ・テレビ番組」)短歌

笹短歌ドットコムに投稿しています

奥さんはいるかと声をかけ入る部屋で必ず事件は起こる☆☆

緑山に城がそびえたあの頃は「殿」のあだ名にふさわしき男

ドアを締めカギを確認テレビつけ布団をかぶりジェイソンを待つ☆

岡本雅哉

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

笹短歌ドットコム総評その1にてご講評いただきました。ありがとうございました。

そのうち☆☆の短歌には、

>これは「ベタンカ」ですね。

とのコメントが。

はて?ベタンカってなんだろうと思い、過去ログをおさらいしてみました。
どうやら“ベタ”な状況を“ベタ”に詠った短歌のようです。

これでようやく市原悦子に顔向けできるってものです。
ちなみに僕は、よくモノマネします。

……家政婦。女主人不在を知った上で部屋を覗き込みながら
「奥さ~ん?いらっしゃいますかぁ~?」
「いらっしゃいませんのね~?入りますよ~?」
……女主人のドレッサーのところで
「あら?」
……カメラが引き出しをクローズアップ!
「手紙だわ……」
……なぜか手に取る家政婦。

うーん。ベタだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「お別れ」短歌3

キスをして泣いて笑って手を振って乗った飛行機急遽欠航 (岡本雅哉)

……気分台無し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

<わたしが打ちのめされたセリフ>短歌

土曜の夜はケータイ短歌に投稿しています。

「オジちゃんじゃないでしょ!お兄ちゃんでしょう?」ママのフォローがかえって痛い

東京 岡本雅哉

エレベーターに親子が乗ってきたので、「何階ですか?」ときくと、子どもが「さんか~い!」
3階についてドアが開き、降り際に子ども、「ありがとうおじちゃん!」
あわててママがこのセリフ。
流してくれれば、「カワイイ子どもだなぁ~」ですんだのに…・・・自分より絶対若いかわいいママのことばに傷つきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「お別れ」短歌2

サヨナラを言って踏ん切りつけようかそれとも黙ってブツリ切ろうか (岡本雅哉)

……前者:勇気がいる。ズルズル続いてしまう可能性あり。
   後者:スッパリと別れられる。傷は残る。

“評”のアップが以前ほど頻繁でなくなった今、「お別れ」短歌なんてイジワル。
プレイボーイにもてあそばれてる感じ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「お別れ」短歌

幕を引くその手がいつも強すぎて想い出なんかもズタズタにして (岡本雅哉)

……キレイな別れって難しい。

「カフェ」短歌、短歌の背景つくりに凝りすぎてしまいました。
気を取り直して「お別れ」短歌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

(商品名を詠む)短歌2

笹短歌ドットコムに投稿しています

鮮やかにわがくちびるは奪われし黄グラデAIRMAXがごとく

セグウェイに跨り誓う総長は「二度と特攻服(マトイ)に袖は通さじ」

片思い あの子が「あげる」とささやけば 妄想まみれでもらうハイチュウ

エビちゃんも一目置いてる トレンチの着こなし一番、男銭形!

岡本雅哉

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »