« <みつける>短歌 | トップページ | <みつける>短歌2 »

「村上春樹」短歌2

旋律を奏でるページ繰り思う “NO MUSIC, NO 春樹.” (岡本雅哉)

……村上春樹氏の小説は、音楽を感じさせますよね。さすが元ジャズ喫茶/バーのオーナー。

余談ですが、僕はタ○ーレコードのコーポレート・ボイス“NO MUSIC, NO LIFE.”はキライです。
“LIFE(命)”あってこその“MUSIC”だと思うんで。

それとも、僕が考えすぎでミュージシャンの人たちだけに“NO MUSIC, NO LIFE.(私たち音楽なかったら、生計成り立たないの)”ということなんでしょうかね(笑)

こんなこといってるから屁理屈って言われるんですよね……

|
|

« <みつける>短歌 | トップページ | <みつける>短歌2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145038/9844890

この記事へのトラックバック一覧です: 「村上春樹」短歌2:

« <みつける>短歌 | トップページ | <みつける>短歌2 »