« 僕らが短歌(うた)を詠む理由(完結編) | トップページ | 「失恋論」短歌2 »

「失恋論」短歌

母の死に 君を求めた唇は 「不謹慎ね」と拒まれただけ (岡本雅哉)

…やり場のない悲しさを受け止めてくれると思いましたが…僕のまちがいだったみたいです。
その瞬間、自分がとても惨めに感じました。二人の間に、乗り越えられない距離を感じました。
程なくして二人は別れました。

|
|

« 僕らが短歌(うた)を詠む理由(完結編) | トップページ | 「失恋論」短歌2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145038/9419023

この記事へのトラックバック一覧です: 「失恋論」短歌:

« 僕らが短歌(うた)を詠む理由(完結編) | トップページ | 「失恋論」短歌2 »