« 旅短歌8 | トップページ | 正短歌2 »

正短歌

合コンで「ヤツラも期待してるし…」とミニスカをはくキミは正しい (岡本雅哉)

…すばらしきサービス精神。女子の鑑。

|
|

« 旅短歌8 | トップページ | 正短歌2 »

コメント

はじめまして、松本陽樹といいます。
枡野教祖様の短歌blogから飛んできました。

合コンでミニスカを履く女子。
見習いたいです。
ですが私は太い脚故にミニスカを履けないので、
そんな気合を入れられる娘さんが羨ましいです。

ミニスカを履いてないから合コンで良い出会いにはめぐりあわない
あなた様(こんな言い方って失礼でしょうか?)の短歌から連想しました。
それでは、失礼しました。

投稿: 松本陽樹 | 2005年12月 2日 (金) 15時24分

コメント、ありがとうございます。大変励みになります!しかも歌まで作っていただいて!
“あなた様”、ぜんぜん失礼ではありませんよー。“あんた”でもいいくらいです!

この歌には、“女の子は、同姓のやっかみにめげず、自分のいいところはアピール!”という気持ちをこめて作りました。僕は昔はひねくれていて、自分のアピールポイントを分かっている女の子は嫌いで、ちょっととっつきにくい子の心を徐々に開いていって、自分だけに見せる一面が垣間見えることに喜びを見出していたのですが、今はそういったこだわりはなくなりました。

松本さんはミニスカートをお履きにならないとのことですが、必ず“おおっ”と来る何かをお持ちのはず!
パンツスーツでも、上着の下に着たカットソーの胸の谷間につい目がいってしまうとこもありますし。聞いていて心地よい声にボーとしてしまうこともあります。
ぜひ、自分のよいところはアピってみてはいかがでしょうか?

「なぜ私?」「ミニスカすげえそそるじゃ~ん」そんなヤツには見舞え足蹴り!

おそまつ(笑)

投稿: 岡本雅哉 | 2005年12月 3日 (土) 01時19分

私なんかののブログにもいらして頂いてありがとうございました。
本当はこちらにも自分のブログにも早く返信したかったのですが、
ここ数日ブログをチェックできない状態だったのです。

自分の身体をアピールする女子は同性受けが悪そうですよね。
私もあまり好きではありませんでした。
けど、ホントは単に羨ましいんですよ。
勝負できる身体の彼女が!!
だから同性がやっかむんです!!
最近は倖田姐さんのようなエロカワがブームなためか、
露出する女も結構許されるようになったみたいですが。

ミニスカでそそられましたか本当はもうちょい上に自信があるの

もうちょい上って……どこよ、自分?
おそまつすぎです(笑)

投稿: 松本陽樹 | 2005年12月 5日 (月) 15時20分

そうですねー。
だいぶ昔のことの気がしますが(笑)自分も卒論は苦労しましたので早め早めにやったほうがよいかなと思います。

エロカワですか…倖田くみさんのパフォーマンスはあくまでもステージ上のものであってストリートで披露するものではないかと思います。ニュアンスを取り入れるとか多少の影響を受けるのはまあ、男性としてはうれしいですが、あまりやりすぎはちょっと引きますね…でも、倖田さんは普段からあんな発情スタイルで暮らしているんでしょうか…フォロワーのみなさんは、痴漢とか性犯罪とか増えているので気をつけて欲しいです(親心)

ミニスカ短歌、きわどいですね!ぜひ今度見せて…ドカッ バキッ メキャッ…・・・・・・・・・・・・・・・

ミニスカを侮るなかれ特にタイトならば容易に脱がせずと知れ

履くならヒラミニにして下さい(汗)

投稿: 岡本雅哉 | 2005年12月 6日 (火) 12時46分

たしかに普段倖田姐さんみたいなカッコをしている人がいたら
思わず「露出狂か!?」と突っ込みたくなってしまいますね(笑)
それでも最近の女子高生のスカートの長さは尋常じゃないと思いますけど。
パンツが見えそうになると
「それは見せてもいいタイプ?」と思わずにはいられません。
女子のファッションは難しい。

脱がすならひらミニよりもくるくると回せばオーケー巻きスカートで

どんどん下ネタに走っていってる気がします(笑)

投稿: 松本陽樹 | 2005年12月 6日 (火) 15時03分

女子高生は、見せていい人とよくないコがいる!よくないコに限って自意識過剰に「なにみてんのよう?」という雰囲気を漂わせています…誰が見るか、お前なんかっ。目の毒じゃ

返歌にあるラップスカート、いいですねー。
バーバリーチェックで、脇に皮のベルトがあるやつが好みです。+ロングブーツなら最高だな…

いざ挑む!巻きスカートかと思いきや!中身キュロット、そいつはちょっと…

シモネタ短歌、今月のテーマじゃないですよね(笑)

投稿: 岡本雅哉 | 2005年12月 6日 (火) 23時40分

バーバリーの巻きスカートはかわいいですね~♪
あれを履いてる女の子って、無条件でかわいく見えるような気がします。
多分私も買うべきなんでしょうが、いかんせんお金がなくて……(泣笑)

そして返歌の巻ラップスカート風キュロット。
やっぱりあれは殿方からすれば「してやられた感」があるのでしょうか?
騙された!!とでも思います?

してやった!今日はする気がなかったの キュロットだけで萎えてゆく君

下ネタ短歌は10月のお題です。
でも私の場合、毎日が下ネタなのでまあそれもありかな、と(笑)

投稿: 松本陽樹 | 2005年12月 7日 (水) 19時02分

そう、これです↓
http://image.www.rakuten.co.jp/tomato21/img10521940627.jpeg
ぜひ、お近づきになった男性に購入してもらってくださいね。

僕的には、ラップスカートならラップスカート、キュロットなら堂々とキュロットらしくしてもらった方がいいですね。無駄な期待はさせないでほしい…その気持ちをサラブレッドに託します

ぶら下げたキャロットめがけ走れどもキュロットと知り最後失速

松本さんはシモネタがライフワークになるかもね。
源氏物語もシモネタっちゃシモネタですよねー。

投稿: 岡本雅哉 | 2005年12月 8日 (木) 00時58分

早くお返事をしようと思っていたのに遅くなってしまいごめんなさい!!
今日無事に卒業論文を提出しました(嬉)
これで私は晴れて自由の身です。

源氏物語は光源氏の好色悪男一代記(ほんとは息子の話もあるけど)というイメージですよ。
私はああいう男にひっかかるのかは謎。
口ばっかりうまい男は信用できないけど、
口ばっかりうまいから女も騙されるんだし。
まあ、下ネタライフの私を口説く男なんていないので、最近温室育ちです(笑)

キャロットとキュロットは別 君が今僕に見せてる答えはどっち?

男目線で考えました。
男を取るか取らないか……。
今の私なら間違いなく男と金を選びます。
すさんでるな、私。

投稿: 松本陽樹 | 2005年12月 9日 (金) 19時17分

長期留守にしてすみませんでした!
卒論終わり、あとは学生生活最後を漫喫…いえ、満喫して下さいね…

オトコとマネーに飢えてるみたいですから、せっかくだから、もう二度と会わないであろう“お気に”の男子を襲ってしまうとか!?

キュロットかキャロット、いずれも構わない キュートなキミとセットであれば

…チョイキザおやじ

投稿: 岡本雅哉 | 2005年12月15日 (木) 21時08分

まだひきずります。ミニスカのテーマ。

ストライクど真ん中スタイルをWebで見つけてしまいました。
http://www.fashion-j.com/trend/archives/002817.html#more

良い!非常に良い!
…非常に俗物でスミマセン

投稿: 岡本雅哉 | 2005年12月20日 (火) 16時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145038/7411937

この記事へのトラックバック一覧です: 正短歌:

« 旅短歌8 | トップページ | 正短歌2 »